ページトップへ

Anxi ブログ カラダもココロものびのび変わる アンシーのストレッチ

人間関係と Meditation

ブログまで起こしいただきまして、ありがとうございます。

お正月の休みも終わり

日常の生活が戻ってきました。

みなさん、お元気ですか?

 

レッスン生の中には

このお休み中

家族サービスやイベントごともあって

忙しかったとか、疲れたとか・・・

 

私たちは

家族

仕事

友人、知人

たくさんの人間関係に囲まれて生きています。

独りでは生きていけません。

 

しかし、ストレスの一つに、人間関係があります。(多いようです!)

そのストレスが原因で

脈拍や体温など基本的な生命線システムである

ホメオスタシス機能(体を正常にする機能)が乱れ

様々な症状を訴える方がいます。

動悸、不整脈、不眠症

神経性胃炎、下痢

呼吸の乱れ、低体温や微熱

ホルモンの乱れなど

 

旅行やスポーツなど

好きなことをするなど

ストレス解消法があるかと思います。

でも、気分転換が上手ではない方もたくさんいるようです。

 

ヨガでは

そのコントロール方法に Meditation  瞑想があります。

 

 

① ストレスを感じている状態

 

ストレスから遮断a

人間関係 家族、仕事、社会の矢印が外から内側に向かってます。

時には圧迫感を感じたり、不自由に思ったりの状態。

意識が外部からの情報に振り回されています。

瞑想とは外からの情報を遮断する時間と空間をつくることです。

私のレッスンでは、呼吸に集中する精神統一から瞑想に入っていきます。

集中していると、忙しかった中枢神経が静まり安定してきます。

 

 

②Meditation 

 

ただ息しているだけ

 

ただ生きているだけ

 

ただ存在しているだけ

 

自我がない状態

 

生まれたときのように

 

 

ストレスから遮断2

 

元の気にもどるのが、瞑想なんです。

 

「情報過多の現代社会から逃げてください。

情報を遮断するための時間をつくってください。」

 

そして、また現実にもどるのですが

 

先ほどとは違い、余裕があります。

 

③ 心身が解放された状態

意識が内から外に向いているように感じられます。

ストレスと感じていたものに対して

ストレスから遮断

 

どのように向き合っていけばよいのか

チャレンジしていけば良いのか

あなたらしい考えが、生まれてきます。

 

ヨガスタジオの役割は

日常と離れる空間をご提供するためにあります。

 

わたしたちは他者と関わることで

たくさんのことを経験するために

生まれてきました。

 

そのお手伝いができると思います。

 

新年を迎え新しい自分にチャレンジしましょう。

 

※お知らせ

アンシー’sストレッチヨガスタジオ 南森町

※阿倍野教室 日曜日10半クラスキャンセル待ちとなっております。

書籍重版記念「アンシーのツボ押し健康ストレッチ」講習会 大阪、名古屋、東京

 

セルフアンチエイジングセミナー 東京 文化放送

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

中医学 秋の養生法「肺」

いつもブログまでおこしいただきありがとうございます。

大好きな秋、実りの秋、そして、生まれた季節。

中医では、肺を整える季節です。

季節ごとに内臓を労わるのが、養生法です。

肺はきわめて弱い、やさしさ をほしがる臓器です。

中身は空っぽで容器みたいなものです。

身体の上部にあり、邪気の影響を受けやすいのです。

OH92_kouyoushitaochiba500-thumb-260xauto-3750

 

肺の働きの呼吸によって、気が補給され、

全身に送られます。

また、衛気という体表にめぐる気をコントロールしているのも肺です。

衛気は身体の病邪の侵入を防ぐ、免疫の働きとも言えます。

病邪から身体をまもってくれます。

逆に異物への攻撃が強くなると

免疫が過剰になり

アレルギーの症状が出ます。

衛気と肺の関係から

風邪やアレルギー症状を予防するのに、呼吸法をお勧めします。

 

① 気を取り込む呼吸法

②    気血を動かすストレッチ

 

①②どちらも、経絡ストレッチで行います。

 

ツボは中府(ちゅうふ)と 迎香(げいこう)の刺激をします。

(すみません。図解はできませんが、レッスンで・・・)

 

肺は乾燥を嫌う臓器ですので、「うがい」をしてくださいね。

風邪を予防するのに「うがい」と「手洗い」といいますが、

実は、別の意味でもその効果ってあります。

神社に行くと手をあらい、口をすすぐってありますよね。

全身のお清めの意味があるのですが、

人込みの中に入ったり、お仕事の会議や営業などで、

人とかかわるのは、いつも楽しいとは限らないです。

化粧室で手を洗い、口をすすぐを行ってみてください。

すっきりします!!

口は言葉を発する大切な箇所ですが

時には、あんなこと言わなければ良かったってありますよね。

それにも効果あるみたいですよ。

インストラクターやセラピーのお仕事をしている方も

ぜひ、お試しください。

 

最初に書きましたように、

肺は弱い、やさしさをほしがる臓器です。

「よしよし」してあげてください。

今すぐちょっと試してみてください~

①胸のあたりを観る。

「よしよし」って言ってみる。

自分の周りの空気が変わりませんか?

実りの秋になりますように、みなさんの健康をお祈りしています。

 

※お知らせ

Xmasワークショップ 中医妊活養生 ストレッチヨガ

2015年12月23日(祝)10時30分~12時30分 (受付10時~)

場所 アンシー’sストレッチヨガスタジオ

名古屋ワークショップ

2015年12月12日(土)10時~11時30分 受付9時30分~

場所 産業労働センター ウインク愛知 (下記地図)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妊娠を考えている方の中国医学監修のメソッド

今日もブログまでおこしいただき、ありがとうございます。

妊娠を考えている方の中国医学監修のメソッド

  中医妊活養生  ストレッチヨガ

●2015年10月5日(月)10時30分~ 隔週 開講

●場所 アンシー’sストレッチヨガスタジオ

●監修 上海中医薬大学大学院  医学博士 上海東和クリニック中医科 専任医師 藤田康介先生

●実技監修 アンシー

 

本日開講でした。

IMG_4640a

 

まず参加者の多くは

一人目を出産していて

二人目の出産を考えていらっしゃいます。

出産後、尿漏れなどのトラブルを経験しています。

 

内臓体質チェックをさせていただきました。

初心者の方は

気になる症状がたくさんあるようです。

特に肝と脾の症状

肩こりや目の疲れなどがあり

便秘や下痢などの消化機能のトラブルもあります。

 

骨盤底筋を締める体操を

背骨全体から修正していく方法を指導

修正は身体全体を使ってやる!! アンシーの理論です。

※同じような悩みを持つ方や受講生のために、参考にしていただくために公開しています。

ストレッチヨガ研究生以外のレッスンなどでの無断使用は禁止させてください

モデル インストラクター ミンミン

 

①両膝を抱えて、仙骨(お尻の下の方)は少し浮かして腰を床につける

ツボ 命門(めいもん 腰椎2番)に集中    3回~5回深呼吸

1a

 

 

 

 

②頭を持ち上げ、肘を締めて背中を丸くして床におさえる

ツボ 筋縮(きんしゅく 胸椎9番)に集中 3回行う

2a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③背中を床から離さないようにして腕を伸ばす。

3a

 

④腰を持ち上げて腕を伸ばす。

膝は腰幅のまま前に突き出す。3回行う

 

4a

 

 

 

 


 

 

⑤背骨を床にもどしていき腰が床につきかけた状態で膝がひろがらないように

骨盤を締める。この時、つま先を上に上げる。自然呼吸で10秒

5a

 

※ お知らせ

「中医妊活養生  ストレッチヨガ」

妊娠を考えている方の中国医学監修メソッド

指導 アンシーまたは専任インストラクター

隔週月曜日 10時30分~

場所 アンシー’sストレッチヨガスタジオ

 

・アンシー’sストレッチヨガ WS   大阪、東京、名古屋 3都市で開催中

「東洋医学 × ストレッチ 経絡ストレッチを身体で体感

インストラクター養成講座の実技指導を一般の方に参加いただけます。

 

申込み、お問い合わせフォーム までお待ちしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体質別運動療法 夏の養生法

暑中お見舞い申し上げます

関西、関東の各地方が梅雨明けしました。

今日も日差しがとても強いですね

暑さが過度になり、その身体に与える影響を「暑邪」といいます

身体の「潤し」が足りなくなり

水分補給と汗のコントロールが必要な季節です

熱射病の予防となります。

 

中国哲学 五行説では、夏は心の働き 血液循環を整えるとあります

古代医学書 黄帝内経では

心と汗の関係についての記述があります

心の働きが弱ると汗が出にくくなります。

冷汗は 精神的な緊張時に出ますが

正常な血液循環と精神状態で

汗の調節(体温の調節)が整います

身体と精神の潤しって 関係するのですね

yjimage

 

(症状)

・汗が出すぎてしまうため 気が消耗、口渇、胃腸が弱る

・精神への影響 イライラ、不眠、夢が多くなる

・水の代謝の異常 手足がだるい、重い、食欲不振、下痢

 

(運動とヨガ)

運動で血液循環を整えるのはとても良いですが

水分を摂りながら、汗の消耗に気をつける

運動の後には、乾いたタオルで汗をしっかり拭いてください。

汗をかいたまま、クーラーや扇風機にあたると身体を冷やします。

身体の表面を冷やすと毛穴が閉じてしまうので注意してください。

熱もこもってしまいます

 

寝る前の激しい運動は避けてくださいね

精神が高揚し、寝ずらくなります。

 

ヨガのレッスンは毛穴を開くために強度 ポーズの数を多く、持続時間を長めにとります

その後のシャバアサナ リラクゼーション法を長めにします。

経絡ストレッチは心や心包の経絡と

胃腸の働きの脾胃の経絡を通じさせて

心脾両虚(心と脾の働きの低下)を予防する

 

(食事)

・水を一揆に飲むと心と脾胃に負担がかかります。また冷えたものはさらに良くないので

常温のお水を何回かにわけて、飲みます。

お茶は サンザシ茶、あづき茶、麦茶、ハトムギ茶

・水の通りが良くなる、あっさりした、消化の良いものを食します

キュウリ、トマト、冬がん、へちま、ゴーヤ、緑豆など

赤いものも良いです

トマト、さつまいも、赤ピーマン、なつめ

 

(睡眠)

遅く寝て、早く起きる 一年の中で一番睡眠時間が短くて良い

眠りの質が大切 寝る前に呼吸法とリラクゼーション法はお勧めします

 

クーラーや冷たい物の食べ過ぎで身体を冷やしてしまった場合

お風呂はぬるいお風呂でゆっくりつかる

シャワーは毛穴を塞いでしまうので、毎日はお勧めしません

夏の養生法 みなさんのお役にたてたらうれしいです。

 

※ お知らせ

・呼吸ストレッチとヘルシーランチ

グリーンビリッジ交野 8/4(火)  9/1(火)

 

東京WS 日程:2015年9月20日(日)

受付:10時~ 10時30分~12時30分

場所:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-54-8 スペースさくら
(JR原宿竹下口 徒歩5分)

 

名古屋WS 日程:9/28(月) 9/29(火) 10/5(月) 10/6(火)

受付:受付10時~ 午前10時30分~午後12時30分

場所:愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38

ウインクあいち (JR名古屋駅桜通口から ミッドランドスクエア方面 徒歩5分)

 

インストラクター養成 経絡ストレッチ 大阪、東京、名古屋 秋講座

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丹田集中のハタヨガ 太陽礼拝法とは

梅雨のこの季節、体調がすぐれない方に伝えたい

 

先日大阪城公園で行った

108回の太陽礼拝法 気持ち良かったです。

太陽礼拝の太陽とは

太陽神経叢のことを表す

太陽神経叢

 

太陽神経叢は みぞおち の位置

胃、肝臓、膵臓 などの消化器官があり

自律神経の中枢です。

中医学では みぞおち丹田 の位置

ツボは中脘(チュウカン)を使用します

内臓体質チェック表では 土の脾に属します。

アンシー式の太陽礼拝法では

taiyou

 

① 両手を合わせて立つ スタートの姿勢

レッスン生の10人中半分くらいの方は みぞおちの丹田 が入っていないようです

前に抜けているので後ろへ引きます

 

 

taiyou2

 

②両手を上に伸ばす

ここも みぞおち 意識してください。

 

③反りながら みぞおち丹田にいれるのが一番難しいです

前に移動するみぞおちの位置を後ろへ戻す意識で真ん中におさまります

taiyou4

 

 

 

 

 

①~③までを呼吸に合わせて練習します。日常生活の姿勢も変化していきます。

みぞおち丹田が意識できない = 消化器の働きが弱っている

日本人に多い症状にもあてはまっているように思います

この梅雨の季節 湿邪に弱い臓器です。

内臓を疲れさせない ジワーっとかく汗は

湿邪を排泄し、消化器を元気にします。

もし、みなさんの中にも症状をお持ちの方があったら練習してみてください

また、臓器って年齢とともに下がってきます。

お腹ぽっこりも予防しましょう!

 

丹田集中のハタヨガは

アンシー’sストレッチヨガスタジオ

丹田ハタヨガクラスかストレッチヨガクラスにお越しください。

7月は東京でWS 9月に名古屋でWSもあります。

そして その技術と知識をもってる

全国の ストレッチヨガ研究会認定インストラクター に指導してもらってくださいね

生理2日前のイライラと眠りが浅い

アンシー @ レッスン生のお悩み相談

東京在住 みかさん 33歳

職業はCADオペレーターと子育て中

先日東京で行われたインストラクター養成講座の受講生で

ご実家が京都なので、大阪のスタジオまでレッスンを受けに来てくださいました。

毎日、仕事の締切や子育で、時間に追われる日々を過ごしているようです。

 

体質別運動療法のパーソナルチェックをしました。

内臓チェック表

 

木3点 火3点 土3点 金1点 水2点

一番気になる症状が

生理2日前のイライラ と 眠りが浅いとのこと

火に属する 心 を調整することにしました。

心は身体全体をコントロールする中枢の役割

陽の性質なので、活発になりすぎと眠くならず睡眠障害や

精神不安などの症状がでます。

ツボ刺激と睡眠前に行うストレッチを紹介しました。

 

ツボ刺激 仕事中の休憩時間にも行ってください。

①手首の小指側の曲げ線上にある

ツボ 神門(ジンモン)を押えます

IMG_4190★

 

 

②手首をグルグル回します。左右回す 数回

IMG_4189★

 

 

寝る前ストレッチ

 

①筋肉チェック

両膝を立てて膝を左右に倒します。

数回倒して腰の伸びやすさをチェックしてください。

IMG_4179★

 

 

②仰向けに寝て腕を前から後ろへ回します。

IMG_4158

 

③腕が写真の位置にあるときに

小指側の経絡 心経に集中してください。

10回ほど回します。逆の腕も回します。

 

 

 

IMG_4157★

 

 

呼吸がポイント

腕が身体の後ろを通るとき息を吐いて

前を通るとき吸います。

 

もう一度①の膝倒しをすると腰が伸びやすくて軽くなってます。

 

④リラックス 手足を伸ばして全身の力を抜いてください

IMG_4183

 

 

アンシー

CADオペレーターの方はマウスの使い過ぎで手首を固くします。

手首にはツボがいっぱいあるので、押しながら緩めること

疲れをためない工夫は必要です。

全身360個のツボがありますが

1つのツボは全身につながります。

ツボへの集中が全身の神経に働きかけて

リラックスに導きます

体質別運動療法 冬から春へ 寒のもどり

お花見の季節も終わりましたが

全国で「寒のもどり」があり体調不良で悩んでる方がいる方が多いようですね

なんぼなんでも 戻りすぎやろって!思います

 

アンシー’sストレッチヨガスタジオの呼吸ストレッチクラスで

内臓チェックシートを使ってレッスンしました。

臓器のトラブルがわかります。

 

IMG_4051

 

測定日 2015年4月8日 30代~60代 女性10名(複数チェック可)

木 22チェック → 肝

火 16チェック → 心

土 15チェック → 脾

金 13チェック → 肺

水 26チェック → 腎

 

五行

 

(考察)

昨日の天候は朝から雨で寒のもどりが厳しい日

春のコートでは寒すぎます。

ダウンジャケットやマフラーも必要になるほどでした。

五行説の考え方では冬に腎気を養い

春に肝気を養うとあります

上記の結果からも腎と肝のトラブルチェック多く

つまり、身体が季節ついていかずの状態です

特に腰と膝の痛みの症状や冷えのことを数名の方が言ってらっしゃいました。

腰と膝の症状ですが季節の変わり目に出る方が多く

新陳代謝機能が落ちた場合に出てくる症状です。

チェックの結果から、腎と肝の経絡の流れを整えるストレッチを行いました。

中医学で考える

肝の役割で疏泄(そせつ)作用があります。

疏=通る  泄=排泄、出す

気の働きを全身にスムーズに送り、消化の働きを助けて排泄力をアップさせる役割です。

そして、呼吸法をしっかり行うことも新陳代謝を上げることができます。

体表には衛気というエネルギーが流れています。

(気には様々な種類があります)

毛穴の開閉を行い、体温調節や免疫力アップが役割です。

アトピーや花粉症の症状の予防のためにも

この呼吸法を行いました。

 

爽やかな春の風も時には邪気となって悪さをします。

野外に出る場合、強い風が吹く場所では

帽子やスカーフで頭と首を風から守ってください。

野外でヨガレッスンを受けるときもその注意が必要です。

日焼け対策ではなく、防寒の意識がまだ必要のようですね

いつもみなさんの健康を応援してます!!

※お知らせ

アンシー’sストレッチヨガ体験受講いつでも可能

インストラクター養成講座の実技講座 一般参加

 

 

 

 

春爛漫 受験生がスタジオにやってきました。

春爛漫 光あふれる太陽と花の季節がやってきます。

先週スタジオにレッスン生のお母さんにつれられて 受験生 光の存在がやってきました。

高校受験生のカナコさん 15歳とお母さん

 

IMG_3935

 

来週結果が出るのです。

公立高校は勝負をかけました!!

 

「受験のストレス解消はどうしてましたか?」

 

食べることです。

今体重マックスですが

いつもはもっとスリムです(本人希望のコメント)

 

テストの時に緊張するので

それを改善するリラックスの方法があったら良いな

このレッスンの後のリラクゼーションはとても参考になりました。

 

そして、1週間後 お母さんに聞いたのですが

みごと府内の優秀な進学校に合格されました。

 

☆☆☆ キラキラ

 

中学受験の息吹さん 12歳とお母さん

息吹さんとのお付き合いは長く

お母さんのお腹にいるときからです!!

IMG_3976

 

12年前 大きなお腹をしてレッスンに来られていたお母さんを思い出します。

つけたお名前が 息吹

呼吸の大切さを感じてつけたそうです。

そんなお母さんの影響(サポート)もあって

テストの5分前にはリラックスのための呼吸法をしたそうです。

 

算数のテストに役立ちました。

計算を集中してできるのです。

国語のテストより 理数の方が役立つようです。

 

 

何だかとってもしっかりしています。

そして、念願の志望校に合格されました。

 

☆☆☆ キラキラ

 

受験生にも役立つ 呼吸法とリラクゼーション法ですが

お母さんに取り組んでほしいのです。

子供たちは受験という緊張の場面を、初めて社会でむかえるのですが

お母さんの 愛 = 受容 を求めてます

家庭の中に生まれる 愛 = 受容 はお母さんのリラックスが創ります

一番ののサポートだと思います。

 

そんなわけで この受験生のお母さんは

おみごとでした!!

IMG_3980

 

大人にまざってレッスン

さすが集中力アリ

 

 

 

 

 

下腹を締めるトレーニングをすると腹式呼吸がやりずらい

アンシー @ レッスン生のお悩み相談

ジャズダンスの先生でピラティスも勉強されているトモコさん 45歳

南森町スタジオの丹田ハタヨガクラスに参加されてます

とても真面目で一生懸命にレッスンを取り組まれています。

 

質問

「お腹を引き締めるトレーニングを行っているので

ポーズを行っているときに腹式呼吸ができずに苦しい」

今回は実際のエクササイズではなく考え方を説明してみます。

 

ハタヨガポーズの時

身体の中心軸や体幹を造ることをトレーニングを行いますが

気道
図は上から身体全体を見下ろしてます

実際に今、立って見てください。

そのあなたの姿を天井から見下ろしてます

経絡では身体の前面の任脈と背面の督脈を意識してポーズを行います。

レッスンでおこなっている

丹田集中のハタヨガは任脈上にある丹田(たんでん)に意識を置いて各ポーズをおこないます。

次に呼吸法のトレーニング

身体の中心に 気道 エネルギーの通り道を通じさせます

胸の呼吸、みぞおちの呼吸、腹式呼吸とつなげます

胸を緩めて(胸郭)→ みぞおち緩めて(横隔膜) → 下腹 (腹腔)

身体が風船のように空間でいっぱいになったら

気道2

細いパイプのような空間ができます。

身体を支えるのは筋肉と骨ですが

空間をつくるには それらを緩めること

リラックスなんです。

もちろん 頭も 図のように

 

 

 

 

 

気道3

気の流れは目に見えるわけでないので

わー 説明するのは難しいですね。

 

 

 

真面目にトレーニングを行っている方ほど

まだできていない!

もっとできるはず!!

ストイックになられます。

 

しかし、意外とある意味 真面目ではない(?)

「気持ち良い~からレッスンに来ているねん」の方が

スムーズに、エネルギーの流れを感じていらっしゃるのです。

 

力いっぱいの集中ではなく

リラックスの中の集中は

ストイックが悪いのではなく

あきらめたときに 向こう からやってきます。

それこそが調和のとれた こころとからだ

この時の呼吸は非常に穏やかで呼吸している感覚もありません。

 

私の文章力と上図(一生懸命つくりました)これが限界です。

 

トモコさん~

腹式呼吸がやりづらいのは

考えすぎて頭を使いすぎているから 結果そうなってしいるかも?

この説明で、また使わせてしまったかな・・・

レッスンで一生懸命取り組んでくださっている姿勢が大好きです。

また宜しくお願いいたします。

 

写真は スタジオのそば 大阪天満宮の梅です。

IMG_3902

※お知らせ

アンシー’sストレッチヨガスタジオ 大阪 南森町・阿倍野毎週レッスン

アンシー’sストレッチヨガ東京、名古屋  ツボ押し経絡ストレッチで体質をコントロール

 

50歳の時にうつ症、摂食障害になり呼吸法がとても役立ちました。

南森町スタジオのレッスン生 大阪市在住 主婦 吉塚順子さん 67歳

14年前友人の紹介でレッスンに来られてから

週1回継続中

◌IMG_3854

 

吉塚さんの口癖は呼吸が大切!!

呼吸法をすると頭の中がスッーとする。

なぜならば呼吸法でうつ症と、摂食障害、睡眠障害を改善されたからです。

当時は更年期の時期と介護のストレスが重なっていたそうです。

 

睡眠前に行っていただきたい呼吸法をご紹介します。

 

◌IMG_3855

 

①仰向けに寝ます。

猫背の方は写真のように肩が浮きます

呼吸が浅くなります。

 

 

 

 

IMG_3841

 

②両手を斜め上に上げて

胸を広げると良いです。

胸式呼吸法

吸う 胸部を持ち上げる

吐く 胸部がもとにもどる

3分~5分練習

 

◌IMG_3860

 

③仰向けに寝た時に腰が床につかない方

腰が緊張してます。

 

 

 

 

◌IMG_3847

 

④膝を抱えて腰を床につけて伸ばします

 

 

 

 

 

 

 

◌IMG_3843

 

⑤両膝を立てます。

腰が床について腹式呼吸が行いやすくなります。

腹式呼吸法

吸う 腹部が持ち上がる

吐く 腹部がもとにもどる

3分~5分

 

 

◌◌IMG_3848

⑥お布団の中で手足を伸ばして

胸とお腹を意識して呼吸法を行います。

吸う 胸、お腹がふくらむ

吐く もとにもどる

眠たくなったら ぐっすりねてください!!

 

 

 

吉塚さんコメント

「睡眠前にお布団の中で呼吸法を行っています。

頭の中がスーッとして空間ができる

すごく、いごこちが良くなって

無になって、力が抜けるのが良く分かる

健康な人にはわからないと思いますが

病気をしたから呼吸法の大切わかった」

◌IMG_3864

そうですね、病気をすると

生活の基本 睡眠、食事、運動に障害が出てきます。

そしていのちのしくみ 呼吸は

みなさんの精神と身体に密接に関係していますので

その呼吸法が生活改善するのに役立つ素晴らしい 「東洋の知恵」 なんです。

これからも益々お元気でいてください。

 

 

※お知らせ

アンシー’sストレッチヨガスタジオ 南森町・阿倍野毎週レッスン

ワークショップ東京、名古屋    季節の養生法で体質をコントロール

インストラクター養成講座     アンシー式経絡ストレッチは体質別オリジナルメソッド

 

 

3 / 512345