ページトップへ

Anxi ブログ カラダもココロものびのび変わる アンシーのストレッチ

丹田集中のハタヨガ 太陽礼拝法とは

梅雨のこの季節、体調がすぐれない方に伝えたい

 

先日大阪城公園で行った

108回の太陽礼拝法 気持ち良かったです。

太陽礼拝の太陽とは

太陽神経叢のことを表す

太陽神経叢

 

太陽神経叢は みぞおち の位置

胃、肝臓、膵臓 などの消化器官があり

自律神経の中枢です。

中医学では みぞおち丹田 の位置

ツボは中脘(チュウカン)を使用します

内臓体質チェック表では 土の脾に属します。

アンシー式の太陽礼拝法では

taiyou

 

① 両手を合わせて立つ スタートの姿勢

レッスン生の10人中半分くらいの方は みぞおちの丹田 が入っていないようです

前に抜けているので後ろへ引きます

 

 

taiyou2

 

②両手を上に伸ばす

ここも みぞおち 意識してください。

 

③反りながら みぞおち丹田にいれるのが一番難しいです

前に移動するみぞおちの位置を後ろへ戻す意識で真ん中におさまります

taiyou4

 

 

 

 

 

①~③までを呼吸に合わせて練習します。日常生活の姿勢も変化していきます。

みぞおち丹田が意識できない = 消化器の働きが弱っている

日本人に多い症状にもあてはまっているように思います

この梅雨の季節 湿邪に弱い臓器です。

内臓を疲れさせない ジワーっとかく汗は

湿邪を排泄し、消化器を元気にします。

もし、みなさんの中にも症状をお持ちの方があったら練習してみてください

また、臓器って年齢とともに下がってきます。

お腹ぽっこりも予防しましょう!

 

丹田集中のハタヨガは

アンシー’sストレッチヨガスタジオ

丹田ハタヨガクラスかストレッチヨガクラスにお越しください。

7月は東京でWS 9月に名古屋でWSもあります。

そして その技術と知識をもってる

全国の ストレッチヨガ研究会認定インストラクター に指導してもらってくださいね

生理2日前のイライラと眠りが浅い

アンシー @ レッスン生のお悩み相談

東京在住 みかさん 33歳

職業はCADオペレーターと子育て中

先日東京で行われたインストラクター養成講座の受講生で

ご実家が京都なので、大阪のスタジオまでレッスンを受けに来てくださいました。

毎日、仕事の締切や子育で、時間に追われる日々を過ごしているようです。

 

体質別運動療法のパーソナルチェックをしました。

内臓チェック表

 

木3点 火3点 土3点 金1点 水2点

一番気になる症状が

生理2日前のイライラ と 眠りが浅いとのこと

火に属する 心 を調整することにしました。

心は身体全体をコントロールする中枢の役割

陽の性質なので、活発になりすぎと眠くならず睡眠障害や

精神不安などの症状がでます。

ツボ刺激と睡眠前に行うストレッチを紹介しました。

 

ツボ刺激 仕事中の休憩時間にも行ってください。

①手首の小指側の曲げ線上にある

ツボ 神門(ジンモン)を押えます

IMG_4190★

 

 

②手首をグルグル回します。左右回す 数回

IMG_4189★

 

 

寝る前ストレッチ

 

①筋肉チェック

両膝を立てて膝を左右に倒します。

数回倒して腰の伸びやすさをチェックしてください。

IMG_4179★

 

 

②仰向けに寝て腕を前から後ろへ回します。

IMG_4158

 

③腕が写真の位置にあるときに

小指側の経絡 心経に集中してください。

10回ほど回します。逆の腕も回します。

 

 

 

IMG_4157★

 

 

呼吸がポイント

腕が身体の後ろを通るとき息を吐いて

前を通るとき吸います。

 

もう一度①の膝倒しをすると腰が伸びやすくて軽くなってます。

 

④リラックス 手足を伸ばして全身の力を抜いてください

IMG_4183

 

 

アンシー

CADオペレーターの方はマウスの使い過ぎで手首を固くします。

手首にはツボがいっぱいあるので、押しながら緩めること

疲れをためない工夫は必要です。

全身360個のツボがありますが

1つのツボは全身につながります。

ツボへの集中が全身の神経に働きかけて

リラックスに導きます

体質別運動療法 冬から春へ 寒のもどり

お花見の季節も終わりましたが

全国で「寒のもどり」があり体調不良で悩んでる方がいる方が多いようですね

なんぼなんでも 戻りすぎやろって!思います

 

アンシー’sストレッチヨガスタジオの呼吸ストレッチクラスで

内臓チェックシートを使ってレッスンしました。

臓器のトラブルがわかります。

 

IMG_4051

 

測定日 2015年4月8日 30代~60代 女性10名(複数チェック可)

木 22チェック → 肝

火 16チェック → 心

土 15チェック → 脾

金 13チェック → 肺

水 26チェック → 腎

 

五行

 

(考察)

昨日の天候は朝から雨で寒のもどりが厳しい日

春のコートでは寒すぎます。

ダウンジャケットやマフラーも必要になるほどでした。

五行説の考え方では冬に腎気を養い

春に肝気を養うとあります

上記の結果からも腎と肝のトラブルチェック多く

つまり、身体が季節ついていかずの状態です

特に腰と膝の痛みの症状や冷えのことを数名の方が言ってらっしゃいました。

腰と膝の症状ですが季節の変わり目に出る方が多く

新陳代謝機能が落ちた場合に出てくる症状です。

チェックの結果から、腎と肝の経絡の流れを整えるストレッチを行いました。

中医学で考える

肝の役割で疏泄(そせつ)作用があります。

疏=通る  泄=排泄、出す

気の働きを全身にスムーズに送り、消化の働きを助けて排泄力をアップさせる役割です。

そして、呼吸法をしっかり行うことも新陳代謝を上げることができます。

体表には衛気というエネルギーが流れています。

(気には様々な種類があります)

毛穴の開閉を行い、体温調節や免疫力アップが役割です。

アトピーや花粉症の症状の予防のためにも

この呼吸法を行いました。

 

爽やかな春の風も時には邪気となって悪さをします。

野外に出る場合、強い風が吹く場所では

帽子やスカーフで頭と首を風から守ってください。

野外でヨガレッスンを受けるときもその注意が必要です。

日焼け対策ではなく、防寒の意識がまだ必要のようですね

いつもみなさんの健康を応援してます!!

※お知らせ

アンシー’sストレッチヨガ体験受講いつでも可能

インストラクター養成講座の実技講座 一般参加

 

 

 

 

下腹を締めるトレーニングをすると腹式呼吸がやりずらい

アンシー @ レッスン生のお悩み相談

ジャズダンスの先生でピラティスも勉強されているトモコさん 45歳

南森町スタジオの丹田ハタヨガクラスに参加されてます

とても真面目で一生懸命にレッスンを取り組まれています。

 

質問

「お腹を引き締めるトレーニングを行っているので

ポーズを行っているときに腹式呼吸ができずに苦しい」

今回は実際のエクササイズではなく考え方を説明してみます。

 

ハタヨガポーズの時

身体の中心軸や体幹を造ることをトレーニングを行いますが

気道
図は上から身体全体を見下ろしてます

実際に今、立って見てください。

そのあなたの姿を天井から見下ろしてます

経絡では身体の前面の任脈と背面の督脈を意識してポーズを行います。

レッスンでおこなっている

丹田集中のハタヨガは任脈上にある丹田(たんでん)に意識を置いて各ポーズをおこないます。

次に呼吸法のトレーニング

身体の中心に 気道 エネルギーの通り道を通じさせます

胸の呼吸、みぞおちの呼吸、腹式呼吸とつなげます

胸を緩めて(胸郭)→ みぞおち緩めて(横隔膜) → 下腹 (腹腔)

身体が風船のように空間でいっぱいになったら

気道2

細いパイプのような空間ができます。

身体を支えるのは筋肉と骨ですが

空間をつくるには それらを緩めること

リラックスなんです。

もちろん 頭も 図のように

 

 

 

 

 

気道3

気の流れは目に見えるわけでないので

わー 説明するのは難しいですね。

 

 

 

真面目にトレーニングを行っている方ほど

まだできていない!

もっとできるはず!!

ストイックになられます。

 

しかし、意外とある意味 真面目ではない(?)

「気持ち良い~からレッスンに来ているねん」の方が

スムーズに、エネルギーの流れを感じていらっしゃるのです。

 

力いっぱいの集中ではなく

リラックスの中の集中は

ストイックが悪いのではなく

あきらめたときに 向こう からやってきます。

それこそが調和のとれた こころとからだ

この時の呼吸は非常に穏やかで呼吸している感覚もありません。

 

私の文章力と上図(一生懸命つくりました)これが限界です。

 

トモコさん~

腹式呼吸がやりづらいのは

考えすぎて頭を使いすぎているから 結果そうなってしいるかも?

この説明で、また使わせてしまったかな・・・

レッスンで一生懸命取り組んでくださっている姿勢が大好きです。

また宜しくお願いいたします。

 

写真は スタジオのそば 大阪天満宮の梅です。

IMG_3902

※お知らせ

アンシー’sストレッチヨガスタジオ 大阪 南森町・阿倍野毎週レッスン

アンシー’sストレッチヨガ東京、名古屋  ツボ押し経絡ストレッチで体質をコントロール

 

50歳の時にうつ症、摂食障害になり呼吸法がとても役立ちました。

南森町スタジオのレッスン生 大阪市在住 主婦 吉塚順子さん 67歳

14年前友人の紹介でレッスンに来られてから

週1回継続中

◌IMG_3854

 

吉塚さんの口癖は呼吸が大切!!

呼吸法をすると頭の中がスッーとする。

なぜならば呼吸法でうつ症と、摂食障害、睡眠障害を改善されたからです。

当時は更年期の時期と介護のストレスが重なっていたそうです。

 

睡眠前に行っていただきたい呼吸法をご紹介します。

 

◌IMG_3855

 

①仰向けに寝ます。

猫背の方は写真のように肩が浮きます

呼吸が浅くなります。

 

 

 

 

IMG_3841

 

②両手を斜め上に上げて

胸を広げると良いです。

胸式呼吸法

吸う 胸部を持ち上げる

吐く 胸部がもとにもどる

3分~5分練習

 

◌IMG_3860

 

③仰向けに寝た時に腰が床につかない方

腰が緊張してます。

 

 

 

 

◌IMG_3847

 

④膝を抱えて腰を床につけて伸ばします

 

 

 

 

 

 

 

◌IMG_3843

 

⑤両膝を立てます。

腰が床について腹式呼吸が行いやすくなります。

腹式呼吸法

吸う 腹部が持ち上がる

吐く 腹部がもとにもどる

3分~5分

 

 

◌◌IMG_3848

⑥お布団の中で手足を伸ばして

胸とお腹を意識して呼吸法を行います。

吸う 胸、お腹がふくらむ

吐く もとにもどる

眠たくなったら ぐっすりねてください!!

 

 

 

吉塚さんコメント

「睡眠前にお布団の中で呼吸法を行っています。

頭の中がスーッとして空間ができる

すごく、いごこちが良くなって

無になって、力が抜けるのが良く分かる

健康な人にはわからないと思いますが

病気をしたから呼吸法の大切わかった」

◌IMG_3864

そうですね、病気をすると

生活の基本 睡眠、食事、運動に障害が出てきます。

そしていのちのしくみ 呼吸は

みなさんの精神と身体に密接に関係していますので

その呼吸法が生活改善するのに役立つ素晴らしい 「東洋の知恵」 なんです。

これからも益々お元気でいてください。

 

 

※お知らせ

アンシー’sストレッチヨガスタジオ 南森町・阿倍野毎週レッスン

ワークショップ東京、名古屋    季節の養生法で体質をコントロール

インストラクター養成講座     アンシー式経絡ストレッチは体質別オリジナルメソッド

 

 

姿勢修正 立位による骨盤ストレッチ②

猫背の方、悪姿勢の方にぜひ行ってほしい

前回ご紹介した

姿勢修正 立位による骨盤ストレッチ

とセットで行います。

前後の骨盤の傾きや歪みを調整します。

1

 

①左脚を大きく後ろへ開き

両手は胸の前で合わせる

 

 

2

 

②吐きながら背中丸める

point 手の位置は耳の横

 

 

3

③吸いながら 両手を伸ばす

吐きながら ①にもどる

①~③を何度か繰り返すとよいです。

 

5

④吐きながら左へねじる

吸いながらもどす

 

 

6⑤吐きながら右へねじる

 

 

 

 

7⑥右へねじったまま、吸いながら腕を伸ばす

吐きながら①にもどる

①~⑥逆足で行う

 

 

 

 

 

 

 

姿勢修正 立位による骨盤ストレッチ ①

2014年12月ファッションと姿勢入稿

2014年12月26日、27日に行なわれた東日本大震災チャリティイベント

ファッションと姿勢で行った姿勢チェック

アンケートを29人の方に回答いただきました。

○性別  男性7人・ 女性22人

○年代  20代1人 30代9人  40代8人  50代4人  60代以上7人

 複数回答可

・左右の肩の高さが違う (23人)

・首が前に出ている (13人)

・猫背お腹が前に出ている(15人)

・ウエストのくびれがない (9人)

・腰の高さが左右違う (14人)

・腰痛がある(⒘人)

・前屈すると膝裏が痛い(11人)

O脚である(9人)

・靴の減り方が左右違う(18人)

修正ストレッチを行い効果(変化)を感じられた方は、29名中 24名でした。

そのアンシー式メソッドを一部公開します。

IMG_3687a

 

①下腹丹田の位置をチェックする

腸骨の高さでヒモを結ぶ

 

 

IMG_3688a

 

②上半身は動かさず腰を左右に動かす

 

 

 

IMG_3694a

 

 

③腰は動かさず上体を左右に動かす

 

 

 

IMG_3690a

 

④上体は動かさず、腰を左右に回す

 

 

 

IMG_3652a

 

①脚を大きく開く

足先を開く

 

 

IMG_3653

 

②合わせた手を上に伸ばし

背骨を丸くする

呼吸 吐く

 

IMG_3657

 

③手を上にまっすぐに伸ばす

呼吸 吸う

 

 

IMG_3656a

 

④両膝を曲げて。つま先の方向に向ける

両手は真横にのばす

身体の軸を真っ直ぐにする

呼吸 吐く

IMG_3657

 

⑤もとにもどる

呼吸 吸う ①にもどる

 

 

IMG_3660a

 

⑥足先を内側に向ける

 

 

 

IMG_3663

 

⑦手を上にまっすぐに伸ばす

呼吸 吸う

 

 

IMG_3664a

 

⑧両膝を曲げて。つま先の方向に向ける

両手は真横にのばす

身体の軸を真っ直ぐにする 呼吸 吐く

 

IMG_3663

 

⑨もとにもどる

呼吸 吸う ①にもどる

 

 

 

骨盤を調整すると最初にまいた腰ひもが

ゆるゆるになるのです。

それはもう みなさん 喜んでいらっしゃいました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

妊娠9か月の妊婦さん 脚がぶるぶるする

妊活中だったレッスン生の やすよさん 39歳

妊娠の報告を受けたときはとてもうれしかったです。

IMG_3566

 

ご本人の希望で妊娠9か月までレギュラークラスに継続中

最近の悩みは 脚がぶるぶるして気持ち悪い、寝れないとのこと

こそばいような、かゆいような感じ・・・

また全身が かゆいときがあるそうです。

 

中国医学の考え方 陰陽論では

体質は、陽証と虚証に分かれます。

陽証の方は陰が不足している方が多くほてりや口渇

皮膚が乾燥したりの症状が出やすい。(陰虚といいます)

陰証の方は陽が不足している方が多く

冷えや眠気、顔色が悪くなります。(陽虚といいます)

次第に陰陽両虚という症状が進んだ体質になります。

陰陽のバランスがくずれている状態を陰陽失調といいます。

妊婦さんは陰陽失調になりやすい時期です。

 

やすよさんの症状改善のための運動ですが

脚のぶるぶるは肝風と言って 肝気のみだれだと思われます。

そして、秋は皮膚の乾燥のため、かゆみが出やすい時期です。

呼吸ストレッチで 気の巡りを良くしていきます。

身体の前面の気の流れ(任脈)と背面の気の流れ(督脈)を整えて

免疫力を高めます

IMG_3554a1

 

 

①お腹の赤ちゃんと気を合わせてください。

 

 

IMG_3552a2

②前面の中心に流れる脈に集中して両手をあげます。

吸いながら、手の平を天にむけます。

 

 

 

IMG_3553a3吐きながらおろします。

 

 

 

 

IMG_3555a4③吸いながら、今度は外側から両手を上げます。

 

 

 

 

IMG_3558a5④身体の背面の脈に集中、お腹にも集中します。

 

 

 

 

IMG_3559a6⑤吐きながら前屈して手をつく

 

 

 

 

IMG_3561a7⑥かがんで背中に集中する

両脚は開いてお腹を圧迫しないでください。

 

 

 

IMG_3555a4

⑦吸いながら、ゆっくりおきあがってください。

 

 

 

 

IMG_3554a1

 

⑧お腹に集中してください。

5分間くり返し行います。

 

 

やすよさん感想

からだがあったかくなって気持ち良いです。

お風呂からあがったときのようで

赤ちゃんが元気に動いてます。

 

★同じような悩みをもつ妊婦さんの参考のために、このアンシー式メソッドを公開させていただきました。

やすよさんはヨガ歴も長く、柔軟性があります。

妊婦さんの体調は毎日変化します。前屈⑤、⑥を行わない方法もあります。

ご自分の様子をみながらおこなってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンシーのパーソナルレッスンご報告

large1

10月、11月 で行われた アンシーのパーソナルレッスン(個人レッスン)

感想をいただきましたので報告させていただきます。

また次回お楽しみにしてください。

これからもあなたが 素敵 に輝くのをこころからお手伝いさせてくださいね。

40代女性 埼玉県

長年、PMSで頭痛の症状があるので、

セルフケアをする方法を教えてもらいました。

まずは、カウンセリングから。

頭痛という症状が出る意味について、

中国医学の哲学、陰と陽の考え方から

説明してもらい、ナイチンゲールの

「病気は回復過程である」ということばを

腑に落とすことができました。

次に、ストレッチと呼吸を組み合わせた

オリジナルメニューを提案してもらいました。

ポーズが決まった瞬間、体がポカポカに!

感動的な瞬間でした。「家でもできそう!」

家で簡単にセルフケアを出来て、

薬に頼らない人生を送ることが私の願い!

パーソナルレッスンの料金は、確かに高い!

でも、その後のGOL(生活の質)がグンと

アップすることを考えれば、お得だと思います(笑)

 

30代女性 横浜

今回は、インストラクター技術の確認およびレベルアップの為、パーソナルレッスンを受講しました。

ヨガを日常生活に取り入れるようになってから、それまでの様々な不調が無くなり、

充実した日々を送っていますが、疲れた時や排卵時期に、

背脇のあたり(腎ユツボ付近)に重だるい痛みを感じることがありました。

アンシー先生より、ポーズの姿勢から異常を指摘され、

内臓とからだは繋がっていると改めて実感しました。

また、自分の体質はどちらかというと虚証であると思っていましたが、

ツボを押した反応から、場所によっては実証であるとわかったのは驚きでした。

今回教わった一連の運動を取り入れて、

どうからだが変化するかを診ていきたいと思います。

また、学んだ内容をレッスンに生かして参ります。

 

骨盤が痛くて開脚前屈がつらい

以前は介護士のお仕事をしていた 野田さん

今はヨガを勉強されています。

骨盤痛と腰痛のため 開脚前屈がやりづらいとの質問がありました。

チェックしますと、骨盤が立ちませんね~

IMG_3402

 

実施日2014年11月3日

実施場所 南森町本部スタジオにて

 

 

 

 

IMG_3395

内臓のチェックをしてもらいましたが、脾と肺の症状をお持ちです。

 

肺と脾の働きを整えるツボ押しとストレッチを行いました。

 

脾の働きは胃腸の働きです。 ツボ 天枢(テンスウ)を刺激

IMG_3406

 

 

肺の働きは呼吸の働きです。ツボ 中府(チュウフ)を刺激

 

 

 

IMG_3408

 

 

 

ストレッチで胸を開いて さらに刺激します。

 

 

IMG_3411

 

 

 

 

 

わー開脚前屈が腰から伸びるようになりました。

このように内臓の調整からポーズができるようになることを、知っていただきたいです。

特に男性はポーズを無理やり(根性で 笑)行っている方が多いように思います。

内臓と骨格、筋肉は全部つながっていて、気のルートや中枢である経絡やツボを刺激することで

その機能の調整を行うことができます。これからも続けてくださいね。

IMG_3424

4 / 512345