ページトップへ

Anxi ブログ カラダもココロものびのび変わる アンシーのストレッチ

黒柳徹子さんの存在

いつもお越しいただきありがとうございます。

台風が近づいてますね。

大雨に注意が必要です。

DSC_0104

 

芸術の秋です。

先日、何か舞台を観に行きたいと思いネットで検索したら、

黒柳徹子さん「思い出のカルテット」森ノ宮ピロティーホール

当日券を買って観に行きました。

 

黒柳さんは今車いすでいらっしゃいます。

2時間半の舞台の主役を立つことはなく、

演じられました。

この舞台の共演者は3名のみ、その俳優さんも年齢は高く、

共演者が車いすを移動されます。

だから題名のカルテットですね。

 

来場者の年齢層もかなり高く、

同じように車いすや杖をついての方もいらっしゃいました。

黒柳さんの姿を観て、とても感動されている様子。

 

人間は、

老いと向き合う苦労って、だれもがいつか体験します。

どこか身体の不具合が出てきても、

別の何かが研ぎ澄まされて、輝ける存在になれるのですね。

 

黒柳さんは、

カーテンコール

5回くらいやって、

両腕を大きく広げて、上半身いっぱい使って、

表現されていました。

2098056_201709280943237001506585714c

 

会場はスタンディングオーベーションで、

関西のおばさまが惜しみない拍手をおくっていました。

 

私はそこでエネルギーの場を感じて、

涙が出てきました。

ライブならではの感動です。

黒柳徹子さんの存在に感謝です。

ありがございました。

NHKスペシャル 人体の神秘

いつもおこしいただきありがとうございます。

NHKスペシャル 人体の神秘 2017年10月1日放送ご覧になりましたか?

テーマは腎臓!!でした。

腎臓が寿命を決めている。おしっこをつくるだけの臓器ではない。

興味ありますよね~

この番組は半年くらいかけて、シリーズで続くのですが、

各回に共通するテーマは、

「臓器のネットワーク。各臓器がつながっていて、関わりあいながら

機能し合っている。」

 

今までの考えでは、脳が司令塔で各臓器に指示しているとのことでしたが、

 

そうではなく、臓器どうしが会話していて、連携しているということがわかってきました。

 

例えば腎臓と心臓とのつながり

 

以下、アンシーの感想を含めて、大阪弁の臓器のおしゃべりです。

 

心臓 「疲れたわ~」

 

腎臓 「よっしゃ!まっときや。

 

血液成分のナトリウムを減らしたる。」

 

心臓 「楽になったわ。また一生懸命、血液を全身に送るからね。」

 

腎臓 あんたとの関係は、心腎連関というねんな。

 

ここから腎の独占おしゃべり

 

他にもあるある。

 

肝腎連関

肺腎連関

脳腎連関

腸腎連関

骨腎連関

 

すごいネットワークやろ!!

 

みんなとつながってんねん。

 

昔の人も肝心要とか肝腎要(かんじんかなめ)って言うてたな。

 

うちが寿命を決めるってはなしやけど、

 

動物の寿命は

 

ねずみ 3年

羊  20年

象  70年

 

身体が大きいと長生きすると思ったら、違うねん。

 

人間とか、こうもり、なんかは小さいのに長生きするやろ。

 

だから身体の大きさではないねん。

 

寿命は血液中のリンの成分に比例してるねんで。

 

リンが少ない方が長生きするねんよ。

 

うちは(わたし・腎)は、骨と連関して、リンの成分を調整するねん。

 

だから、うちが機能しなくなると、

 

老けるで!!

 

ほんでな、

 

多くの病気と私が関係しているねん。

 

この頃は、イギリスのある病院では

 

他の病気でも、わたしが元気かどうか調べてから治療するねん。

 

時にはお薬を止めて、わたしへの負担を減らしてから治療する時もあるねん。

 

うちにはいつも大量の血液が流れるから、薬の影響がきついねんな。

 

すごいダメージがあるし、他の臓器とつながってるから、

 

多臓器不全という症状で死んでしまう人も多いねん。

 

これからもうちのことをよろしくたのむわ。

 

 

病気を予防するのも、

自然治癒力を高めて病気を治すにも、

私たちが身体について、知ってるってことが

とてもとても大切なのです。

次回も観たいです。

アンシー

 

 

 

 

ヨガの本が年内に出ます。

いつもお越しいただきありがとうございます。

 

こんにちは。アンシーです。

 

10月に入り、今年も後3か月ですね。

 

時の流れが早いので、びっくりしますが、

 

秋の実りの風を感じながら、今を大切に過ごしています。

 

年内にヨガの書籍が出ることになりました。

 

先週はその撮影で、上京してました。

 

出版社、編集者、モデル、ヘアメイク、カメラマン、イラストレーター

 

たくさんの方のチームワークで一冊の素敵な本が出来上がります。

★IMG_1087

 

これからの作業が大変ですが、

私もがんばりますので、楽しみにしていてください。

また詳しくご報告します。

 

写真はヘアメイクさんのメイクにびっくりです。

変身アンシーです!

 

 

奈良県 輪和建設 和みの会 マインドフルネス瞑想

いつもお越しいただきありがとうございます。

 

秋風が気持ち良い季節となりました。

 

輪和建設株式会社さまからご依頼いただき、

 

建築業にたずさわる方々に、

 

ツボ押しストレッチが導く マインドフルネス瞑想を

 

指導させていただきました。

★IMG_1059

 

建築業会は定期的に労災防止活動、安全衛生のために、安全大会を開いていらっしゃいます。

時には危険な作業もありますので、

集中力を養い、心の安定を目指すのは、

とても大切なことです。

ご依頼いただきまして、大変うれしかったです。

 

日時 9月22日(金)14時40分~16時50分

 

場所 奈良県 法隆寺 斑鳩ホール

ikaho

参加者 輪和建設株式会社さま 「和みの会」安全大会

建築業にたずさわる 大工の棟梁、大工さん、電気工事、左官屋さんなど 40名

 

最初のご挨拶で

「マインドフルネスという言葉を聞いたことありますか?」

 

「ヨガをおこなったことありますか?」

 

どちらもほとんど初めてとのこと。

 

みなさんに瞑想スタイルのあぐらをしてもらいました。

 

「どうですか?痛いところありませんか?」

★IMG_1064

 

ツボ押しストレッチや呼吸法でからだをほぐしていきます。

★IMG_1063

いよいよ瞑想です。

 

1分間、3分間、10分間と時間をくぎり、集中していただきます。

 

 

 

最後の瞑想では、背筋もピンと伸びて、

とても集中されていました。

(瞑想中のため写真はありませんが。)

周りの空気が澄んでいくのがわかります。

さすが、職人さん!集中力があります。

みなさんの純粋意識が広がります。

 

 

今回の開催には、

中西直己社長、専務の中西春代さまの

大きな愛がありました。

「従業員には、ずっと健康で仕事してもらいたいと思っています。」

いつも、いつも、そのおはなしが出てきます。

そのお手伝いができて、なんて幸せものだろうと思いました。

ありがとうございました。

アンシー

 

 

 

 

 

 

季節のワークショップ 

いつもありがとうございます。

 

アンシーです。

 

この3連休は、台風の影響で被害に遭われた方がいらっしゃいます。

 

心から、お見舞い申し上げます。

 

アンシー’sストレッチヨガでも

 

ワークショップと研究会が大阪と東京で行われました。

 

幸いにも講座そのものには全く影響がありませでした。

 

しかし、九州から参加の方は、倒木の影響で新幹線が止まり、到着が遅れたとのことでした。

 

みなさん無事帰れたようで、一安心です。

 

今日は台風も過ぎ去り、大阪では爽やかな風が吹いてます。

 

空気がとてもきれいです。

 

季節のワークショップは、9月26日名古屋で開催します。

 

中医学理論の体質について講義と

 

実技では、肺機能を整えて、新鮮な酸素を一杯取り込んでいただきます。

 

皆さまのお越しをお待ちしております。

2研究会 5研究会

 

 

 

 

 

大阪造幣局 20円硬貨の龍の図

いつもお越しいただきありがとうございます。

朝夕の風で秋の訪れを感じますね。

 

わたしは、よく自宅まで(駅4つぶん)を40分かけて歩いて帰ります。

最近は、企画のお仕事などのデスクワークが多いので、とても気持ち良いです。

DSC_0102

 

途中大きな川のぞばに造幣局があります。

博物館もあり、先日たまたま立ち寄りました。

そこで、ある展示物に魅せられたのです。

明治にできた 1円と20円玉の図柄です。

DSC_0098

真ん中に龍が描かれていて、

そのデザインは当時海外でも評判を呼んだそうです。

デザイン画も展示されていました。

 

DSC_0095

現在はプリペイドカードが広まってます。

未来のいつの日か、

貨幣もなくなる時代が来るかもしれません。

時代を感じながら、見物しました。

 

このように大阪北区のスタジオの周りは、

文化的な香りがする施設や会社が集まってます。

これからもこの地を中心に、

ヨガを通して、もっと文化的な取組を

発信していきたいと思ってます。

 

※お知らせ

秋のワークショップ

大阪、名古屋、東京

インストラクター養成講座

大阪、東京、名古屋 2018年3月から

 

 

 

 

あくびは深呼吸②

いつもお越しいただきありがとうございます。

現在のアンシー’sストレッチヨガスタジオができる前は、

ストレッチヨガセラピースタジオという

プライベートレッスンスタジオを主宰してました。

かわいらしいペンションのような建物でした。

 

DSCF0039

 

(写真 以前のわたし 笑)

ある日、母子でレッスンを希望される方がありました。

lesson anxi1

 

 

お母さんがおっしゃるには、

お子さんの10歳位の女の子がおねしょをするので、

ヨガで改善したいと、希望されました。

私は、お母さんも一緒にレッスンを受けてくださいと

お伝えしました。

心身の不調にはいろんな原因がありますが、

環境が原因というのもひとつです。

家族環境っていうのは、家族の関わりなので、

この場合は母子でヨガを受けていただきたいと思いました。

 

少し気になったのは、

お母さんがお子さんにずっと

あれこれ指示をしていらっしゃる。

行動のひとつひとつに、

注意をするのです。

お子さんは無表情。

 

レッスン中。

身体をのばしたり、ツボを刺激したり、

呼吸を深くしたり、

リラックス状態になります。

 

その間ずっと女の子が、あくびをするのです。

何回も何回もです。

そして、それを観たお母さんがとても喜んでいるのです。

 

 

お子さんがリラックスするには、

お母さんのリラックスが必要です。

お母さんがリラックスするには、

お子さんのリラックスが必要です。

リラックスという便利な言葉がありますが、

精神状態は、伝染するのです。

そういえば、あくびも伝染するっていいますよね。

 

緊張と弛緩のリズム(自律神経のバランス)を回復させて、

心身のバランスには、親子一緒はキーワードですね。

 

おねしょが理由でいらっしゃいましたが、

お子さんの緊張がほぐれて、

喜んでいらっしゃるお母さん。

関係を見つめなおすきっかけに、

なればよいと思いました。

 

 

ヨガがブームになり、子供のヨガも流行っています。

幼児期はよく身体を動かして遊ぶことが、心身の調和のためのヨガだと思います。

小学校に入るとじっと坐れるようになり、その分ストレスも多くなります。

小学校低学年の間は、母子一緒に受けるのが良いと思います。

高学年になると、思春期に入ります。

本人が良ければ、一人で受講するのも良いかもしれませんね。

 

今でも、あの女子の気持ちの良さそうな、

あくびの姿が思い出されます。

 

※お知らせ

好評 季節のワークショップ 秋の養生法のお知らせ

大阪、名古屋、東京

 

 

あくびは深呼吸

いつもお越しいただきありがとうございます。

昨日から、お盆休みで各地の道路が渋滞しているとお聞きしてます。

長時間車中にいると、眠くなり、

思わず手足をのばして、あくびが出ることもありますよね。

あくび

あくびは、涙をともなうことが多く、

大きく口を開けて行う、深呼吸でもあります。

生理的には、低酸素や二酸化炭素が多くなったときの

酸素を取り込むために行う吸気です。

意志で行うのでなく、

深呼吸が自然におこるわけです。

 

 

日常において、過度の緊張が続き

あくびをする必要があるのに

出ないでいるひとがいます。

心身も疲れすぎると、

自然反応が起こらず、麻痺状態になるのです。

これが、体調不調につながります。

 

中医学では、呼吸による気が不足すること、

生命エネルギーが足りなくなることを、

「気虚」と言います。

息切れ、気力がない、集中力がないなどの症状があります。

そして、臓腑の機能失調にもつながります。

 

ヨガレッスン中に、

ツボ押しストレッチを行うと、

あくびをする方が多くいます。

 

 

あくびが出る必要があるのに、

出なくている人にとっては、

生命力を回復させるための

反応が起こっています。

 

レッスンで

もっとも大切にしているのは、

この生理的な反応です。

 

呼吸法の効果は、

日常の無意識の呼吸の回復にあります。

そのお手伝いをさせていただきます。

 

 

帰省で車の運転される方、休憩時間には

身体を大きくのばして、あくびの深呼吸をしてください。

気を付けていってらっしゃいませ。

 

※お知らせ

好評 季節のワークショップ 秋の養生法のお知らせ

大阪、名古屋、東京

 

 

 

 

 

 

 

IT企業の新入社員研修会で オフィスヨガ

日本の企業を元気に! 人材を大切に!

 

大阪の南森町にあるIT企業 株式会社プロネット様の新入社員研修に、

 

オフィスヨガを採用していただきました。

 

参加人数 男性6名、女性4名 企業様の若手社員の方です。

日時 2017年7月29日14時~16時

場所 アンシー’sストレッチヨガスタジオ

業務内容 コンピューターシステムの設計、開発など

ご依頼された目的 モチベーションアップ、コミュニケーションアップ、何かの知識を得る。

 

201707291

オフィスヨガとその効果について講義させていただきました。

その後お疲れの箇所や気になる症状をリサーチ

身体を感じていただくのは、大切です。

 

姿勢修正

低血圧

口内炎

肩こり

眼精疲労

偏頭痛

全身のだるさ

首の凝り

腰痛

胃腸炎

201707292

 

ツボ押しストレッチとヨガのポーズで

お身体を調整しました。

 

最後は瞑想を行いました。

終了後に感想をうかがいましたが、

 

「瞑想が一番気持ち良かった!!」

 

さすが、IT企業の若手新入社員。

 

201707295

集中力が半端じゃないです。

 

なので、YahooやGoogle社の社員研修で瞑想が取り入れられるのですね。

 

 

アメリカからマインドフルネス瞑想の波がやってきて、

 

昨今は、マスメディアにも多々取り上げれています。

 

日本の中小企業様にも

 

その効果を実感していただけたようです。

 

瞑想は、気持ちに余裕ができて、ストレスをマネジメントするのに役立ちます。

 

このように人材を大切にされる企業が、

 

益々増えれば、うれしいです。

 

社長様を始め、社員のご担当者さま

 

ありがとうございました。

 

 

IMG_1010

 

研修担当でお世話になった社員様です。

201707296

 

暑中お見舞い申し上げます。人と自然の統一性

暑中お見舞い申し上げます。

今月に入り大雨により、九州北部や秋田県で多くの被害が出ました。

犠牲となられた方に心からお悔み申し上げます。

 

昨日のビューティフルエイジングヨガのクラスでは、人と自然の統一性についてお話しさせていただきました。

ヒトの一生は

女性は7歳の倍数の14歳、21歳、28歳、

男性は8歳、16歳、24歳、32歳で、

身体の成熟のピークを向かえます。

そして、女性は35歳、男性は42歳で、そろそろエイジング対策の必要な年齢となります。

DSC_0077

 

人は昔から、太陽や月のめぐるリズムで生きてきました。

地球の自転による一日

月が地球の周りを公転するのがひと月(太陰暦)

地球の太陽の周りを公転するのが一年(太陽暦)

 

また旧暦と言われる24節気(太陰太陽暦)があります。

 

 

昨日7月23日は、

太陰暦の新月、24節気では「大暑」でした。

最も暑い日が続きます。

暑さや湿度をコントロールして、

自然への統一性を目指します。

 

レッスンでは、

へそ呼吸と丹田集中のポーズを行いました。

 

身体の真ん中にあるツボでもあるおへそ。

神闕(しんけつ)といいます。

神 はかりしれない。

闕 土台の意味と、穴が開いて通じやすい。

小宇宙である身体の中心のおへそを意識するということは、

大宇宙とつながっていくことに通じる。

そんな気持ちでレッスンさせていただきました。

 

時間や暦に追われるように、

忙しく生きている私たちです。

忙しく→ 心が亡くなると書きます。

 

身体の中心につながることは、

日常の全てから離れて、

過去や未来のそこ(時空)から抜け出すことができます。

今に集中する精神統一の宇宙感は、

心を養うのだと、体感していただけます。

 

yoga001

 

これからも暑いが続きますが、

ご自愛くださいね。アンシー

 

好評 季節のワークショップ 秋の養生法のお知らせ

大阪、名古屋、東京