ページトップへ

Anxi ブログ カラダもココロものびのび変わる アンシーのストレッチ

国際ヨガの日2017 in 大阪 Japan Times に掲載されました。

いつもありがとうございます。

2017年6月19日の英字新聞 ジャパンタイムスに、

明日行われるInternational Day  of  YOGA in Osaka が掲載されました。

英字新聞1

 

主催のニーラさんのご主人が

昨日海外出張で香港に行くときの

飛行機の中で見つけて、

連絡をくださったのです。

小さな記事ですが、

国際的なイベントにかかわっているという、

満足感。

 

プレスリリースしていなかったのに、

見つけてくださった報道の方、

ありがとうございました。

 

明日開催いたします。

まだ、受付ています。

ぜひおこしください。

国際ヨガの日2017

まだ、受付ています。

ぜひおこしください。

 

 

 

痛みと向き合う。

 

いつもおこしいただきありがとうございます。

昨日母から電話がありました。

 

「腰痛になったので、心配だから病院に行ってん。

レントゲンをとって、腰部脊柱管狭窄症と言われた。

でも今は、腰は痛くなくなって、膝が痛いねん。

ちょっと前は背中が痛いときもあったよ。」

話を聞いていると、痛いところ自慢?

痛いところが移動するって感じ・・・を一生懸命に話していました。

 

中医学では、痛みの原因は、

20130717100438

 

気と血のめぐりがわるくなっている状態でもあります。

痛いところが移るのは、遊走性の痛みと言います。

生体をつくっている構造的な、解剖学なことをいうのではなく、

新陳代謝が鈍っているときの、身体の反応です。

 

新陳代謝が鈍っている場合に、風邪をひいて熱を出すこともありますが、

腰痛や間接痛を起こすこともあります。

そんなときは、発汗すると、改善する場合があります。

痛みは、体内のバランス回復に必要な身体のメッセージです。

 

 

これも知人の話ですが、

腕が上がらない神経痛のような症状があって、

あらゆるいろんなこと試したけど、治らない。

そんな時インフルエンザになって高熱を出したら、

治ったっていってました。

 

風邪やインフルエンザも新陳代謝機能を活発にして、

身体を変化させる絶好のチャンスなんですね~

 

母の話に戻りますが、

毎朝、腰痛体操を取り組んでいるようです。

後は、お風呂で発汗することも進めました。

今は痛いところは、ないようです。

病名がついても、痛みをコントロールできる不思議さを

感じます。

 

 

レッスン生には、

自宅でストレッチを行い

腰痛をコントロールできる方も多いです。

これって私が一番目指したいところなんです。

確かに痛みに向き合うのは辛いですが、

これも生きるということのプロセスだと、

自分の身体を信じて、向き合ってほしいと思います。

自身の一番のヒーラーになってください。

本日もありがとうございました。

 

※お知らせ

国際ヨガデー

ワークショップ大阪、東京、名古屋

 

 

 

 

 

氣とは?気とは?

いつもおこしいただきありがとうございます。

アンシーのツボ押しストレッチは

気血を促し、

心身のさまざまな不調を改善していく方法です。

「気」とは、

正しくは、

「氣」です。

雲をあわらしていて、

昔の人は、空を見上げて、雲がどんどん変化していくのを観ていました。

雲が雨を降らせて、雪にもなる。

つかめないものが物質化していく様子を見て、この漢字がうまれたようです。

 

中医学の気は

人体を構成する基本物質で、生きていくのに必要な機能面のすべては、

この気の力によっておこなわれます。

呼吸、血液循環、免疫力、臓腑の働き。

そのほか、発育、生殖、体温維持、代謝の促進なども気によって行われます。

そして、栄養物質である血と気はいっしょに、

全身をめぐり、栄養をあたえています。

中医学で学んだ一番大切な教えは、

「気血の巡りを整える。」

気血のめぐりは、心身の不調の元なのです。

 

中医学は漢字が並んで、難しいと思っていらっしゃる方が多いです。

もちろん、私も苦戦しました。

 

しかし、気というエネルギーの流れを

ヨガや気功で体得することができます。

ツボ押しストレッチも、

体得して創ったものです。

 

レッスン生のからだを観察して、

実践の結果できました。

それには、

たくさんのレッスン生との気の交流がありました。

自分だけでは、できなかったです。

 

これまでにもたくさんの

ヨガのインストラクターさんが

学びにこられました。

ツボ押しストレッチのすばらしさは

1回でも気の感覚が体験できることです。

特別な修行や、苦行は必要ありません。

そして、理論を学ぶのも、もちろん大切なことですが、

気という目に見えないものを理解するには、

体得する以外にありません。

 

気が滞っている状態を気滞といって

イライラして、肩が凝って、腰が痛くなって、

精神的にも、幸せ感を感じられなくなるのは当然です。

ひとりひとりの体調不調は、

周りの環境にも影響を与えます。

 

ツボ押しストレッチを指導すると

気場が生まれます。

気が交流すると、

たくさんの不思議が起こります。

 

そのひとつに

レッスン生の体調不良が良くなること。

そして、もうひとつは

インストラクターさんの不調も良くなるのです。

 

ツボ押しストレッチの魅力は、

インストラクターさんとレッスン生の気の交流です。

気はとても大きな源から、おしみなく流れているので、

減らないし、いくらでもはいってきます。

 

こらからのお仕事は、

どんなお仕事も、

気のやり取りで成立します。

大昔は物々交換で米とみそを交換してましたが、

今は、気の交流ですね。

 

ライブで知りたい方は、

アンシー’sストレッチヨガのインストラクターに、直接聞いてくださいね!

これからも、この素晴らしい宇宙からのギフトを

一緒に体験したいと思ってます。

音声はこちら↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

International Day Of YOGA 国際ヨガの日2017 in 大阪

International Day Of  YOGA  国際ヨガの2017 in 大阪

 

 いつもお越しいただきありがとうございます。

 

毎年6月21日はヨガの日です。

 

今年もヨガのポーズ 太陽礼拝法108回にチャレンジの

 

イベントを行います。

 

ヨガを通じて健康をお祈りする素敵な日にしたいと思います。

 

初心者の方も休憩しながらやりましょう!  参加費無料

 

どなたでも参加できますので、お越しをお待ちしております。

 

 

 

告知が遅くなりました~

 

もし可能であれば、みなさんのSNSでもこの情報の共有をお願いします!!

 

アンシー

 

★IMG_4330

 

 

日時 2017年6月21日(水)

 

19時~20時30分(受付18時~)

 

特別ゲスト インド総領事 Sri T. Armstrong Changsan

 

会 場   大阪国際交流センター 2階

★IMG_4324

 

 

 

24access-map-b

 

 

bigmap2009

 

大阪市天王寺区上本町8-2-6

地下鉄谷町線谷町九丁目駅 徒歩7分

 

持ち物 ヨガマット(バスタオル)、飲料水

 

 

運動着着用でお越しください。

申込はお名前、性別、携帯番号、メールアドレスををお書きの上

下記メールまで連絡ください。↓↓

 anxi-stretchyoga@sky.plala.or.jp

★IMG_4335

 

主催 アート・オブ・リビングジャパン http://www.artofliving.org

 

協力 アンシー‘sストレッチヨガ http://stretch-yoga.jp

 

後援 在大阪・神戸インド総領事館

 

共催 公財 大阪国際交流センター

 

 

アンシーの生き方×活き方インタビュー(一覧)

いつもおこしいただきありがとうございます。

 

私は時々インタビュー記事を書かせていただいてます。

 

DSCF2246

 

以前、ラジオのインタビューを3年間やらせていただきました。

(Kiss FM KOBE 89.9 毎週日曜日 夜9時~

バンディ’s What’s Going On!コーナー

「アンシーの願いはかなう」 ) 

 

今でもインタビューの面白さ、楽しさ、学びの経験は、

 

人生の財産になっています。

 

それで、今はブログ記事でインタビューを継続させていただいてます。

 

 

20130913_102048

 

ご出演いただいた各種専門家や学者、経営者の方は

 

みなさん素晴らしい方ばかりです。

 

経験ならではの、のびのび生きる知恵をみなさんにお伝えしたいと思ってます。

 

これまでの記事を掲載しますので、お時間ありましたらご覧になってください。

 

マイーペースですが、これからも継続して行きたいと思ってます。

 

Youtube アンシーインタビュー →お勧め!

 

これまでの ブログ記事一覧

 

「嫌われる勇気」著者 岸見一郎先生

 

一般社団法人 奈良県古民家再生協会 代表理事 中西直己社長 

 

神秘研究家、瞑想歴31年の小野京子さん

 

映画 地球交響曲 龍村仁監督の人間力  

 

環境学園専門学校 理事長 重里國麿さん

 

20歳で出家 若い人に仏教の教えを伝えたい 愛$菩薩さん

 

スペース B KOBE シュティム ビクトリアさん

 

家づくりは神聖な行為 株式会社Gハウス 代表取締役 池田 泰弘さん

 

インドの哲学、宗教とヨガ 相愛大学 人文学部教授 釈徹宗先生 その1

 

インドの哲学、宗教とヨガ 相愛大学 人文学部教授 釈徹宗先生 その2

 

・ お墓参りの本当の意味 大阪石材工業株式会社 伯井守社長

 

takao yamada JUST now GALLERY 館長 谷川逸人さん

 

大阪工業大学客員教授 大阪府立大学客員研究員 岡本覚先生

 

 

 

ダイバーシティーとヨガレッスン

いつもおこしいただきありがとうございます。

 

ダイバーシティー (diversity)という言葉をご存知ですか?

通常は「多様性」と訳され、

企業においては、国籍、人種、年齢、姓別にかかわらず

人材の働き方の多様化を意味します。

 

日本は超高齢化社会をむかえ、人材を確保するためにも

この取組が活発化しています。

 

特に国の政策は、女性の社会進出に重きを置いています。

2016年に経済産業省は、ダイバーシティーを積極的に取り組む企業を

表彰しています。

女性の働き方の職域拡大に力をいれた企業を、

高く評価しました。

 

 

レッスン生には、たくさんの働く女性がいます。

最初に大阪市北区の南森町にヨガクラスを持ったのは、1999年です。

当時からレッスンを継続していただいている方は、

25歳は、43歳となるわけです。

 

働きながら、毎週ヨガのクラスにかようのは大変だと思います。

取材042706

 

 

正社員の方は、残業もありますし、

結婚されたら、家事もあります。

職場や家事で大きな役割を担って活躍する女性が

ヨガをする時間を捻出するのは、

大変な努力がいります。

本当にありがたいことです。

 

そんなレッスン生の年齢を考えると、

大きな身体の変化、女性ホルモンの変化を向かえる時期となりました。

そう、「更年期」の時期です。

健康はもちろん、美容にも影響を及ぼす症状が現れる時期です。

 

 

 

20代に百貨店でアルバイトしていた頃、

親しくしていただいた50歳くらいのパート主婦のTさんが、

その症状に悩まされていました。

ある日、元気がなく、わけもなく急に泣き出されました。

「このしんどさは体験してみないとわかれへんで」とのこと。

精神的に追い込まれているような感じがしました。

 

女性ホルモンを出す指令が脳からでても、そのホルモンが出てくれない。

身体はがんばる分けです。

でも、出ない。

これがわけもなくの理由ですね。(わけがある!)

 

内臓の働き、自律神経系は、超がんばって調整しようとします。

例えば、生きていくための基礎的なエネルギーが100%だとしたら、

そのエネルギーが身体の変化のためにたくさん使われます。

足らなくなったエネルギーの負担は大きく、

血液循環、体温、血圧、代謝に影響します。

症状は「のぼせ」「ほてり」「発汗」「うつ症」など。

また対局の症状もあり、

「冷え性」がひどくなって、顔は熱いけど手足は冷たいなど。

 

生きるのに必要なエネルギーが不足し、

無理ができなくなります。

 

20160506170952 20160323151355

中医学では40代にはいると更年期の予防を行います。

気血の循環を良くする事と、

身体の「陰」である「血」と、「陽」である「気」のバランスをとります。

漢方薬(中医薬)、薬膳、鍼、気功などで、不足している「気血」を補ってあげます。

 

身体の変化を陰陽で表すと、

 

陰証 手足の冷え、全身の冷え、腰のだるさ 

陽証 手足のほてり、微熱、発汗   

 

アンシー’sストレッチヨガでは

 

陰陽のバランスと五臓六腑の働きをツボ押しストレッチで調整します。

 

 

あのTさんは、確か少しぽっちゃり型で、ほてりがあったので

陰陽のバランスの整えること、内臓の腎と肝と心の調整をおこないます。

 

女性にとって大切な時期の更年期をサポートすることは、

社会問題に取り組むことくらいの気持ちでいます。

そう、ダイバーシティーの取組は、

女性の健康支援がポイントになると思っています。

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

音声ではこちら。

 お知らせ

アンシー’sストレッチヨガスタジオ

水曜日10時30分、日曜日阿倍野クラス 只今満席です。

お勧め↓↓

女性専科 夜クラス、土曜日ビューティフルエイジングクラス

 

キャンセル待ちやクラス増設の希望など、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

男性のオフィスヨガ

いつもお越しいただきありがとうございます。

 

ヨガを実践中の方は、まだまだ圧倒的に女性が多く、

 

私のスタジオでも90%以上が女性です。

 

経済を支えている日本男子にも、もっとヨガをやっていただき、

 

日本を元気にしてもらいたい!

IMG_0868 

アメリカのIT企業の ビジネスマンの間で

ブームになっているマインドフルネス瞑想法。

 

その波が日本にやってきていますが、

ヨガと瞑想は同じシステムの中で生まれた心身の健康法です。

 

様々な職業の方にそのコントロール方法を学んでいただくきっかけづくりも、健康ジャーナリスト、アンシーとしての活動だと思っております。

 

 

そこで、今回は、様々な職種の働き盛りの男性にお集まりいただき、

 

オフィスヨガを体験していただくことになりました。

 

日時 2017年5月2日 19時~20時

場所 アンシー’sストレッチヨガスタジオ

対象者 働き盛りの男性 お仕事は営業やCAFEホールスタッフ、フィットネスクラブ経営など

 

 

★170503_0012

 

 

 

まずは受講前アンケート

お仕事の内容とお疲れ箇所を聞きました。

・CAFEのウエイター、調理 脚と腰が疲れます。腰痛

・USJのサービス業 脚と腰が痛くなる。

・営業 歩くことが多いので、足の裏の土踏まずが痛くなる。

・営業 あばらが痛い?

★CIMG7957

 

・ケイタリング 調理師 健康ですが、身体が固い。

・コールセンター勤務 パソコンの作業が多いので目が疲れる。

・フィットネスクラブ経営 心が疲れてます(笑)

・スーパーのお肉屋さん 肉が重たいので。時々手首が痛い。

・マッサージ店 (女性) 腕から肩甲骨にかけて疲れます。

・会社経営 スノーボードでけがをしてから、腕が上がらない。

 

 

 

 

(プログラム内容)

・マインドフルネス瞑想とは

・アンシーのツボ押しストレッチ

・ヨガポーズ

・瞑想法 実践

★CIMG7967

 

受講後アンケート

・前屈の手がつくようになった。(体が柔らかくなった)

・初めてヨガを体験して楽しかった。

★CIMG8081

・血流が良くなって、脚が軽くなった

・瞑想の時に呼吸に集中しすぎて、生まれてきた時のこと思い出した。(会場内大爆笑)

・体が軽くなりました。

・僕ってこんなに身体やわらかいんだと思いました。

・少しやっただけで、汗ばみました。

 

 

職種によって心身の悩みが違うと思うので、

このように、生の声を聴く機会をいただけて、

とても良かったです。

男女の性差を考えると、男性の方が柔軟性が少なく、

体を緩めるのは苦手。

ツボ押しストレッチがとても役立つようです。

 

今後のプログラムの参考にしたいと思いました。

 

音声はこちら ↓

*お知らせ

オフィスヨガ 案内

 

お気軽にお問合せ

★CIMG8117

 

 

 

 

木の季節 春@スタジオの手作り家具

いつもおこしいただきありがとうございます。

 

爽やかな風が気持ちよくて、

 

みなさんはGWはいかがおすごしですか?

 

スタジオのレッスンがお休みでも

 

事務や資料の整理があります。

 

日ごろできないことなので、いそしんでます。

 

昨日はアンシー’sストレッチヨガスタジオに、

 

素敵な手作り家具を設置しました。

IMG_0831

 

 

靴箱&飾り棚&本棚をいっぺんに兼ね備えた

 

2mの棚!!

 

置くスペースが限られているので、市販のものでは合わず、

 

オーダーメイドの家具 ZOOさんに

 

ご依頼しました。

 

注文して1か月で完成したのが、うれしい。 

 

木材はアッシュ材だそうです。

 

野球のバッドに使用されています。

 

その触り心地は最高。

 

 

 

東洋哲学の五行学説では、

 

春は木の季節。

 

五行資料

 

木を生活の中に取り入れるのが

 

良いのです。

 

都会生活でもこうして、

 

木のぬくもりをいただいて暮らせることに感謝します。

 

 

 

IMG_0833

 

Zooの永田健一さんは、大阪府内で工房を持ち、

 

保育園の手作りの椅子なども作られています。

 

写真は棚板の留め金ですが、

 

きれいに見えるように、工夫されています。

 

次回は瞑想椅子なんか依頼できたら

 

うれしいな~

 

 

GW明けにはレッスン生にも

 

見ていただけます。

 

みなさんのお越しを心からお待ちしております。

 

 アンシー

IMG_0835

 

 

 

・ワークショップ 詳細はコチラ

【東京】5/21(日)・6/18(日)

【名古屋】5/29(月)・5/30(火)

 


 

 

 

東洋経済新聞社の記事

いつもおこしいただきありがとうございます。

 

昨日まで東京出張でした。

 

帰りは夜になり、雨が激しくて~

 

みなさんは大丈夫でしたか?

 

東洋経済新聞社というメディア新聞に

 

出張指導でお世話になっています

 

大東プレス工業さまが

 

NHKの取材につづき

 

またまた取り上げられました!

 

記事 バックミラーのトップ企業は働き方が斬新だ

 

この記事は、以前から知り合いの

 

日本一明るい経済新聞の竹原編集長と伊藤昭さんが

 

書かれていて、私のことも、少しだけ掲載してただきました。

 

コチラ

 

このように人のご縁はつながっているようで、

 

微力ながら、お役にたてるようがんばります。

 

まだまだ、知らないことばかりなので、

 

これを機会に、東洋経済新聞で勉強しなくては。

 

 アンシー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 / 1812345...10...最後 »