ページトップへ

Anxi ブログ カラダもココロものびのび変わる アンシーのストレッチ

下腹を締めるトレーニングをすると腹式呼吸がやりずらい

アンシー @ レッスン生のお悩み相談

ジャズダンスの先生でピラティスも勉強されているトモコさん 45歳

南森町スタジオの丹田ハタヨガクラスに参加されてます

とても真面目で一生懸命にレッスンを取り組まれています。

 

質問

「お腹を引き締めるトレーニングを行っているので

ポーズを行っているときに腹式呼吸ができずに苦しい」

今回は実際のエクササイズではなく考え方を説明してみます。

 

ハタヨガポーズの時

身体の中心軸や体幹を造ることをトレーニングを行いますが

気道
図は上から身体全体を見下ろしてます

実際に今、立って見てください。

そのあなたの姿を天井から見下ろしてます

経絡では身体の前面の任脈と背面の督脈を意識してポーズを行います。

レッスンでおこなっている

丹田集中のハタヨガは任脈上にある丹田(たんでん)に意識を置いて各ポーズをおこないます。

次に呼吸法のトレーニング

身体の中心に 気道 エネルギーの通り道を通じさせます

胸の呼吸、みぞおちの呼吸、腹式呼吸とつなげます

胸を緩めて(胸郭)→ みぞおち緩めて(横隔膜) → 下腹 (腹腔)

身体が風船のように空間でいっぱいになったら

気道2

細いパイプのような空間ができます。

身体を支えるのは筋肉と骨ですが

空間をつくるには それらを緩めること

リラックスなんです。

もちろん 頭も 図のように

 

 

 

 

 

気道3

気の流れは目に見えるわけでないので

わー 説明するのは難しいですね。

 

 

 

真面目にトレーニングを行っている方ほど

まだできていない!

もっとできるはず!!

ストイックになられます。

 

しかし、意外とある意味 真面目ではない(?)

「気持ち良い~からレッスンに来ているねん」の方が

スムーズに、エネルギーの流れを感じていらっしゃるのです。

 

力いっぱいの集中ではなく

リラックスの中の集中は

ストイックが悪いのではなく

あきらめたときに 向こう からやってきます。

それこそが調和のとれた こころとからだ

この時の呼吸は非常に穏やかで呼吸している感覚もありません。

 

私の文章力と上図(一生懸命つくりました)これが限界です。

 

トモコさん~

腹式呼吸がやりづらいのは

考えすぎて頭を使いすぎているから 結果そうなってしいるかも?

この説明で、また使わせてしまったかな・・・

レッスンで一生懸命取り組んでくださっている姿勢が大好きです。

また宜しくお願いいたします。

 

写真は スタジオのそば 大阪天満宮の梅です。

IMG_3902

※お知らせ

アンシー’sストレッチヨガスタジオ 大阪 南森町・阿倍野毎週レッスン

アンシー’sストレッチヨガ東京、名古屋  ツボ押し経絡ストレッチで体質をコントロール