ページトップへ

Anxi ブログ カラダもココロものびのび変わる アンシーのストレッチ

インドの哲学、宗教とヨガ 相愛大学 人文学部教授 釈徹宗先生 その2

ブログ活き方×生き方 インタビュー

インドの哲学、宗教とヨガ  相愛大学 人文学部教授 釈徹宗先生 その1

少し難しかったですか?

難解に感じる言葉の中に、繰り返し聞くと(読むと)見え隠れする、

智慧の世界、たくさんのイマジネーションも湧いてきます。

続きを掲載させていただきます~

 

ウパニシャッド

アンシー: カタウパニシャッドっていう有名な図があるのですが

「五つの知覚器官と一つの思考器官を固く執持することをヨガという」

上図は簡単なイメージ

車主 アートマン(霊魂・自我)

車体 肉体

御者 覚(理性)

手綱 意(思考器官)

馬 知覚器官

 

釈先生:五識ですね。心の認識の問題。

 

アンシー:思考の世界がどう認識するかで、変わっていくもの・・があります。

 

釈先生:ヨーガ派の特徴のひとつである、

ヨガを積極的にとりれた仏教の一派に唯識っていうのがあります。

日本の場合、一番大きなのは法相宗です。

奈良の興福寺行かれたことありますか? 奈良ホテルの向かいにあるでしょ。

法相宗がこれ日本の場合、唯識の宗派なんです。

唯識というのは唯識ヨーガ派の略でして、認識をどう転換するかっていう、

ヨーガを使った仏教のグループでして、

興福寺が本山になっていて、興福寺の前に猿沢の池があって、その向いに奈良ホテルがあるでしょ。

「手を打てば 鳥は飛び立つ 魚寄る 女中茶を持つ 猿沢の池」

という歌があります。

猿沢池でポンポンと手を打てば、鳥は人が自分を捕まえに来たと思って逃げて、

魚は餌くれると思って集まってきて、猿沢の池のお茶屋の人は呼ばれたと思ってお茶もってくる。

つまりポンポン音が法で、これは一つの現象で、鳥とか魚とか女中とかそれぞれによって、そうがかわる。

つまり認識の問題で、認識をどう変えていくか。

 

ヨーガスートラでパリナーマという。転変と訳されています。

これヨーガ派の最大の特徴のひとつです。

パリナーマは。認識をどう転換していくかで、ヨーガの方向性があります。

人間の心と身体っていうのは自分の認識通りに現象が進む。

認識と現象がかみあってたら幸せと感じるようにできていて、

幸せホルモンを分泌していて「あーしあわせ」やな。

でも絶対認識と現象ってずれますよね。

思い通りに物事って進みませんし、

やりたくてもできないとか、

してほしいのにしてくれないとか、必ずずれますでしょう。

 

ずれがストレスということになって、ずれた状態が長く続くと、自分っていうものが壊れちゃう。

無意識のうちに補正しよう補正しようとしてるんですど、

ある種ごまかしながら、理屈つけたり、見んようにしてたり、自分をだましながら

ずれを補正しようとしてるんですが、それは具合が悪い。

 

認識のメカニズムと自分という感覚。

この図のようにコントロールすることによって、ズレないようにしていく、

そんな話ですよね。

 

アンシー:パタンジャリのヨガスートラがあって、仏教のヨーガ派が一派があって

ヨガがいつできたかって、定かではないけど、

私は宗教より前にできた、あったかと思っていますが。

 

釈先生:どういう形体で宗教っていうか、難しいところですよね。

例えば、前話したように死者儀礼ができた時点で宗教が成立というと、

人類の歴史と変わらないですよね。

もちろん仏教とかヒンズー教よりもヨーガの方は歴史が長いですけど。

広い意味での宗教っていうふうになりますと、ヨーガが先というのは難しいですね。

こういう仏教とかキリスト教やヒンズー教は制度宗教といいます。

自然宗教と言うのがあって、別に教えとか教義とか教団とかあるわけでなくて、

人間の営みの中で宗教的な行為、それ自然宗教って言っちゃいますね。

そこまで入れると人類が様々な活動、流動的な知性を取り入れて活動しはじめたときから、

宗教行為を営んできたとうことになりますので、ヨーガが先にあるというのは難しいですね

 

アンシー:納得しました。仏教より先、ヒンズー教よりも先ですので。

「ヨガは宗教ですか?」って聞かれることがあります。

ヨガ=宗教ではないので、どうヨガをとらえるか。

私は「健康法」としても伝えています。

 

釈先生:人類の知恵の結晶じゃないんですか?

人間の心と体を自分というものと、うまく付き合っていくための技術みたいなところがあります。

それは人類のテーマとしてありますよね。

そのひとつの技術としてヨーガあると考えたらよいですね。

でもお伝えしたいように伝えたらよいですね。

 

宗教には制度宗教と自然宗教とがありまして、

何らかの宗教行為をやっていたのは、

現生人類が発生する前からやっている可能性がありますからね。

かつては人類はいろんな系統があって、人種も様々と昔は考えていたのですが、

いろんな遺伝子の研究が発達して、人類はみんな絶滅しているがわかったんです。

残っているのは我々一種類だけなんですよ。

われわれ原生人類だけなんですよ。全人類は一種類しかないんですよ。

現生人類 ホモサピエンスとも言います。

北京原人がいたとか、クロマニヨン人がいたとかいうのですがみな残ってない。

ネアンデルタールというものもいたのですが、絶滅しているのですが。

現生人類とちょっとの間、共生しているんです。

人類っていうのは2種類いたのですが

これが今から10万年から5万年まえですが、

どうもこの時に宗教が発生したようです。

 

釈先生:今わかっているのはイランの洞窟とかでナンデルタール人の遺体が出てきて、

どうもお花を備えているようすです。わざわざ土を色を染めて黄色い土を赤く染めてかけたり、

いろいろしているんですよね。

つまり、何らかの死者のための儀式をやってたわけで、

そうすると原生人類よりネアンデルタールは先にやってたわけで、

現生人類も今わかっているのは4万5,6千年前のやつが古いですけど。

儀式した後があって、発見された骨の化石をみるとあるので、

宗教よりヨガが先というのは無理があって、

でも制度宗教より先ですね。

 

アンシー:日本でも広がっている仏教ですが、

お釈迦様は菩提樹の下で瞑想をして、悟りを開かれたといわれますが、

ヨガは関係してないんですか?

 

釈先生:一緒ですよね。ディヤーナというのですが禅定(ぜんじょう)ですが、

人によっては、それはヨガの一種と考える方いますよね。

近接領域・仏教ではというか、かなり重なっていつのではないですか?

仏教ではディヤーナといったりしてますけど、

瞑想という技術でヨーガの一部分でもいいじゃないですか?

ヨーガの理論自体ができあがるのは、

もっと後ろ2世紀くらいですので、

古代からやってきたのはずっとあるのですが

ヨーガ体系とうのはもっと後ろなんです

 

アンシー:ヨガスートラがでてきて・・・

 

釈先生:ヨガスートラよりちょっと前です。サンキャー哲学ができたり

 

アンシー:サンキャー哲学のことも難しいです。

 

釈先生:サンキャーとヨガは、言うてることはほとんど同じなんです。

サンキャーの方が100年くらい先行してできてます。

ヨーガ派の方が信仰強調型ですね。

神を強調するというのがヨーガの特徴ですね。

サンキャーの方はむしろ哲学的な傾向が強くて、

でも言ってる内容はほぼ同じです。一緒に考える人もいます。

そのあたりにヨーガの思想が非常に発達して、

仏教もその影響を受けて唯識が出来上がったんです。

 

アンシー:それは何年くらいですか?

 

釈先生:きっとヒンドゥーの文化圏でヨーガというのがすごく高度に成熟して理論づけられて

体系づけられて、ヒンドゥー教のみならず様々な宗教に影響を与えたんでしょうね。

その影響の結果仏教にも、唯識という大きな流れができてきたわけですから、

2世紀か4世紀あたりですかね。

 

ヨーガは人類の知恵の結晶じゃないんですか?

人間の心と体を自分というものと、うまく付き合っていくための技術みたいなところがあります。

それは人類のテーマとしてありますよね。

そのひとつの技術としてヨーガあると考えたらよいですね

 

私がもともとヨガを社会で広めようとした動機は、

「身体と心の扱い方がわからない」現在人が多くなる社会がもたらす様々な問題。

自律神経の乱れからくる体調の不調、うつ病、自殺者の増加など。

身体と心のコントロール方法の一つとしてヨガが必要とされると思ったからです。

その最初の思いが蘇ってきました!!

釈先生 ありがとうございました。

 

釈先生のご著書はたくさんあります。

いきなりはじめる仏教生活 (新潮文庫)  ・ 仏教ではこう考える (学研M文庫)

無題2無題

 

 

 

 

 

 

※お知らせ

アンシー’sストレッチヨガスタジオ 南森町・阿倍野毎週レッスン

ワークショップ東京、名古屋    季節の養生法で体質をコントロール

インストラクター養成講座     アンシー式経絡ストレッチは体質別オリジナルメソッド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インドの哲学、宗教とヨガ 相愛大学 人文学部教授 釈徹宗先生 その1

前回 ブログ活き方×生き方 インタビュー

「人生100年時代をどう生きるか?」でお話しいただいた

相愛大学 人文学部教授 釈徹宗先生は、

浄土真宗 如来寺の住職であり、

NPO法人リライフ代表として、認知症高齢者のためのグループ

ホーム『むつみ庵』、ケアプランセンターも運営されています。

ブログ

 

社会問題にも積極的に取り組まれている、

大変お忙しい先生ですが、

今回は無理なお願いをいたしました。

インド哲学、宗教とヨガ についてお話しいただきました。

 

 

 

アンシー:ヨガが発祥した古代インドの歴史の流れは簡単に並べると、

前2400年 インダス文明

前1500年 ヒンドゥー・バラモン教

ウパニシャッド哲学成立

前500年 仏教、ジャイナ教

後200年~400年 パタンジャリのヨガスートラ

このような歴史の流れにおけるヨガについてお話しいただけますか?

ブログ2

 

釈先生:えーと、何からお話しして良いか、

今の人類学だとある時から、

われわれのエネルギーが独特な方向に進んでいて、

他の動物にあるような本能のリミッターが外れるようになっていて、

活発なエネルギーを持つようになるんですね。

トラとかライオンだとお腹がいっぱだと、

前に獲物があってもとらない。

交尾も繁殖期しかしない。

しかし、人間ってすごい過剰でお腹いっぱいでも食べたり、

性行為も子孫繁栄以外にコミュニケ―ションとしてもしたり、

常生じゃないくらい生殖可能期間も長いです。

この個体を維持するだけだと、こんなでっかい脳もいらなくて、

人間ってもともと、エネルギーが過剰な動物なんですね。

そこに人間ならではの喜びもあって、

過剰なエネルギーがあるからこそ表現力も生まれて、

科学が生まれて、宗教も生まれて、アートも生まれて、

しかし、そこに苦しみの根源もあります。

過剰だからこそ苦しみがある。

心理学者の岸田秀さんがいってたんですけど、

人間は本能が壊れた動物だって言ってるんですけど、

動物はある程度いくと本能のリミッターがかかるんです。

自然の大きなサイクルの中に動物は、みごとにそっているんです。

しかし、人間は過剰で、はみ出した部分があって、

人間だけが、この世界を破壊する可能性もっているでしょう?

人類自体を滅ぼすだけの可能性があるでしょう?

つまり喜びの根源であると同時に苦しみの根源である。

だから、その人間の過剰なエネルギーに苦しみの根源があるのは、

古代人もわかっていて、

これをどうコントロールするか向き合うかが、人類のテーマなんです。

それでヨーガが発生したとおもうのです。

ヨガスートラの最初の有名な「心の抑制が」ってあるでしょう?

 

アンシー:心の作用を死滅するのがヨガである。

 

釈先生:心ってすごく流動的に過剰に動いたりして、

時には科学にいったり、宗教にいったり、アートにいったり、

これをうまく整えて、生きるのが根源的な幸せの道って、

古代人はある程度知っていて、

呼吸をつかったり、

身体の動きをつかったりしながら、

うまく付き合っていく。

そういうのがずっとあったんだと思うんです。

この辺はヒンドゥー教にしても、仏教にしても、ジャイナ教にしても、

古代からずっと続いている道なんですよ。

ブッダも言っているんですよ。

自分はこの道を発見した分けではなくて、古道(こどう)だといってるんです。

ブッダも遥か古(いにしえ)の人たちも、この道を歩んできたことを知ってたんです。

その技術がある地域にアーリア人が侵入してきて、

持ち込んできたのがヴェーダの宗教という高い非常に思想性とすごい差別の構造をもったようなもの、

ブラフマナと言われるバラモン教が、だいたいできあがるのです。

ヒンドゥー教が形作られるのは遅くて4世紀くらいです。

アーリア人が持ち込んできた宗教と今のイランとヨーロッパの方に行く人とインドに分かれて、

インドあたりの土俗の宗教がまざりあってヒンドゥー教ができたのです。

 

アンシー:前回のお聞きした四住期のお話しはヒンドゥー教のお話しですよね。

 

釈先生:そうです。あれはヒンドゥー教ですね。ヴェーダの宗教で、

ヒンドゥー教の原型ですね。

ひとつはヴェーダの宗教は基本的に神を祀る宗教です。

儀式の書物ってあります。あるいは神をたたえる歌なんかもでてきます。

ヴェーナンダといわれるヴェーダの中の一番の哲学的なものがウパニシャッドの部分、

神と私のあり方とか、大きな輪廻とかそういう話が中心になって出てくる。

ウパニシャッドも初期のあたりは結構シンプルで、自然の循環みたいな話なんですね。

人間が死ぬと腐ったり、燃やされたりして地中へと拡散したりそれが雨となって降りてきて、

草が育って、動物の体内に入って、

そういう割とシンプルな話なんです。

どんどん輪廻の思想は複雑になってきます。

初期のウパニシャッドは、

アートマンとブラフマンがありますね。

一番の特徴は有(う)の哲学なんです。

有とか我とか訳すんですけどアートマンです。

有って書いて(う)とか(が)とか訳すんですけど

 

アンシー:(が)って、我執の我ですか?

 

釈先生:これは肉体がだめになっても別のものなっていく、

独特の存在論です。

有という 不滅の 我 アートマンがあって、

これがぐるぐると輪廻する。

基本的に輪廻とは苦しみなんで、こっから脱出しなきゃいけない。

神と一体になったら脱出できる。

そのころの中心的な神とはブラフマンですので、凡(ぼん)と訳されますね。

凡 が一体になれば輪廻から脱出できると考えたんですよ。

ぐるぐる輪廻する道と輪廻から脱出して。

神と一体化して脱出する道と二つ考えているんですね。

仏教では六道輪廻みたいになっていくんですけど。

初期のうちは、どちらかの道を選ぶんだということになります。

 

アンシー:ウパニシャッド哲学っていうじゃないですか?

宗教じゃないんですよね。

 

釈先生:それはですね。インドの宗教と哲学は区別ないんですよ。

 

アンシー:そうでんすか?日本人は分けますよね。

 

釈先生:いっしょのもんでして、何のために哲学するか?

宗教の信仰のために、もの考えているんですね。

信仰の道を歩むとういうことは哲学することでもあり。

哲学するっていうのは信仰の道を歩むためにある。

これは結構ヒンドゥー独特の事情でして、

哲学、思想と信仰、宗教とあんまり区別ないんです。

だから理屈ぽいのが哲学、儀式中心が宗教。

そんな風に分けたりもするんですけども。

ウパニシャッドは、やっぱり人類古代の哲学のギリシア哲学と並んで、

二本柱のひとつという感じです。

(続く)

 

アンシー:インタビューを終えて。

今回は古代のインド哲学、宗教についてのインタビューをお願いしましたが、

世界の宗教について勉強するのは、

今起こっている命にかかわるハードな宗教問題をみても、

私たち日本人にとって、必要な時期だと思います。

宗教学者 釈撤宗先生の素晴らしい知性の世界は、

魅力的なお人柄の中に、

しっかりと感じ取れる、人へのやさしさ、

うかんでくる言葉は 「慈悲」

釈先生と出会えて宇宙(神様)に感謝!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良県天川村でヒッチハイク

いつもブログを愛読いただきありがとうございます。

花粉症がそろそろ出ている方もいらっしゃるとか

マスクも必要かもしれませんが

自然の中に行くとやはり 深呼吸 したいですね。

先日、奈良県天川村の天河神社行ってきました。

思い立っての行動です。

この地は以前から縁がある場所です。

IMG_3868

ひとりでよく歩きにいきましたし

講座を開いてもらったり

レッスン生とヨガ合宿したこともあります。

樹齢400年?の銀杏の木にお参りして

パワースポットと言われている

天河神社にお参りします。

芸能の神様で芸能人も訪れる方も多いと聞きます。

私も人前で表現するお仕事なのでお参りました。

 

IMG_3865

さて、時計を見ると4時

最終バスは4時30分で、どう走ってもバス停にたどり着きそうにありません。

ここはタクシーもありません

間に合わなければ、泊まるか!!

しかし、私の野生の血がさわぎ

乗っけてもらおう

最初にやってくる白い車

勇気を出して手を上げました。

「すみません。バスに間に合わないので乗せてください」

「どうぞ。通り道だから、下市口駅(電車の駅)まで送ってあげるましょう」

車内では見ず知らずの方のご親切に感動しながら

とても会話がはずみ

楽しい時間がながれました。

結局その方の住んでいらっしゃる橿原神宮まで 1時間送ってもらいました。

「退屈な道のりがとても楽しかったです」っと言ってもらえて

お名前はしりませんが(聞くの忘れてました!!)

ほんとにほんとにありがとうございました。

その方は天川村出身でお母さまがひとりで住んでいらっしゃるので

時々いらっしゃるとか

自分の名前を言うのも忘れてましたが

ありがとうございました

 

都市生活をしている私は

近頃頭で考えて行動していることが多く

感覚で動くことしてなかったな・・・

この感覚こそが私の大切にしている

オリジナルな知恵

私の行く方向があって

別の方の行く方向があって

たまたま一緒で時間を共有して

このような流れで

今までも生きてきたような気がします。

 

もし今の流れになっとくできず

変化をさせたければ

時には思い切った「行動」も必要です。

これが自分への信頼

そしてまた新しい流れに乗ってみたいですね

それにはしっかり舵取りして

自分の道を進まないと

 

今日、たまたまブログを読まれた方

ありがとうございました。

一期一会も素敵ですね。

※お知らせ

アンシー’sストレッチヨガスタジオ 南森町・阿倍野毎週レッスン

ワークショップ東京、名古屋    季節の養生法で体質をコントロール

インストラクター養成講座     アンシー式経絡ストレッチは体質別オリジナルメソッド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50歳の時にうつ症、摂食障害になり呼吸法がとても役立ちました。

南森町スタジオのレッスン生 大阪市在住 主婦 吉塚順子さん 67歳

14年前友人の紹介でレッスンに来られてから

週1回継続中

◌IMG_3854

 

吉塚さんの口癖は呼吸が大切!!

呼吸法をすると頭の中がスッーとする。

なぜならば呼吸法でうつ症と、摂食障害、睡眠障害を改善されたからです。

当時は更年期の時期と介護のストレスが重なっていたそうです。

 

睡眠前に行っていただきたい呼吸法をご紹介します。

 

◌IMG_3855

 

①仰向けに寝ます。

猫背の方は写真のように肩が浮きます

呼吸が浅くなります。

 

 

 

 

IMG_3841

 

②両手を斜め上に上げて

胸を広げると良いです。

胸式呼吸法

吸う 胸部を持ち上げる

吐く 胸部がもとにもどる

3分~5分練習

 

◌IMG_3860

 

③仰向けに寝た時に腰が床につかない方

腰が緊張してます。

 

 

 

 

◌IMG_3847

 

④膝を抱えて腰を床につけて伸ばします

 

 

 

 

 

 

 

◌IMG_3843

 

⑤両膝を立てます。

腰が床について腹式呼吸が行いやすくなります。

腹式呼吸法

吸う 腹部が持ち上がる

吐く 腹部がもとにもどる

3分~5分

 

 

◌◌IMG_3848

⑥お布団の中で手足を伸ばして

胸とお腹を意識して呼吸法を行います。

吸う 胸、お腹がふくらむ

吐く もとにもどる

眠たくなったら ぐっすりねてください!!

 

 

 

吉塚さんコメント

「睡眠前にお布団の中で呼吸法を行っています。

頭の中がスーッとして空間ができる

すごく、いごこちが良くなって

無になって、力が抜けるのが良く分かる

健康な人にはわからないと思いますが

病気をしたから呼吸法の大切わかった」

◌IMG_3864

そうですね、病気をすると

生活の基本 睡眠、食事、運動に障害が出てきます。

そしていのちのしくみ 呼吸は

みなさんの精神と身体に密接に関係していますので

その呼吸法が生活改善するのに役立つ素晴らしい 「東洋の知恵」 なんです。

これからも益々お元気でいてください。

 

 

※お知らせ

アンシー’sストレッチヨガスタジオ 南森町・阿倍野毎週レッスン

ワークショップ東京、名古屋    季節の養生法で体質をコントロール

インストラクター養成講座     アンシー式経絡ストレッチは体質別オリジナルメソッド

 

 

姿勢修正 立位による骨盤ストレッチ②

猫背の方、悪姿勢の方にぜひ行ってほしい

前回ご紹介した

姿勢修正 立位による骨盤ストレッチ

とセットで行います。

前後の骨盤の傾きや歪みを調整します。

1

 

①左脚を大きく後ろへ開き

両手は胸の前で合わせる

 

 

2

 

②吐きながら背中丸める

point 手の位置は耳の横

 

 

3

③吸いながら 両手を伸ばす

吐きながら ①にもどる

①~③を何度か繰り返すとよいです。

 

5

④吐きながら左へねじる

吸いながらもどす

 

 

6⑤吐きながら右へねじる

 

 

 

 

7⑥右へねじったまま、吸いながら腕を伸ばす

吐きながら①にもどる

①~⑥逆足で行う

 

 

 

 

 

 

 

人生100年時代をどう生きるか?相愛大学 人文学部教授 釈徹宗先生

IMG_3804 IMG_3801

活き方×生き方 インタビュー

昔は人生50年・・・

こらからは寿命が50年のびるといわれています。

「人生100年時代をどう生きるのか?」

相愛大学 人文学部教授 釈徹宗先生にお話ししていただきました。

浄土真宗 如来寺の住職で

NHKのテレビ番組 落語ブッダに出演されていました。

 

アンシー:「人生100年時代をどう生きるのか?」

どんな風に生きていけば、人生豊に生きることができますか?

仏教に知恵はありますか?

 

釈先生:仏教では 生きることは苦である。

そう聞くとかなりネガティブな宗教に聞こえるかもしれません。

これは中国でインドの言葉を翻訳したのですが

原語ドゥッカとは、思い通りにならない。

生きるということは、思い通りにならない。

思い通りにならないことは、苦しまないといけない。

人生を思い通りするわけにはいかないですが、

思いの方をあばれないように整えれば苦も小さくなるというのが、

仏教のメインストーリーにはあります。

長く生きれば思い通りにできない場面があるので、

苦しみが増えるのですが、

また、死ぬとか病気になるも大きな苦ですが、

長く生きれば、先延ばしにできる分けですが、

別の場面に思い通りにならない苦は増えていきます。

人生のモデルみたいなものがあって、

仏教の老いの過ごし方、

自分の都合を小さくしていくという老いの生き方を、

モデルに設定していく。

若い時は自分の欲望、情熱を持て余して苦しい。

 

アンシー:そうです。20代の時はストイックになりすぎて大変でした。

 

釈先生:若いときの衝動みたいものがなくなると、

楽は楽・・・ 落ち着いた喜びがあって、

ココロとカラダが整うことが喜び、

加齢するしたがって、なんとも言えな深い味わい、

良く整った自己、良く整った自分というものの喜びを味わう。

現代人の苦悩に自分というものをどのように扱うかがあります。

一番厄介なのがこれなんです。

 

アンシー:それやっかいです。(笑い)

先ほど先生が思いが、苦って、おっしゃいましたが、

気づいてない方が多いと思います。

自分っていうものに真剣に向かわないと、

自分が思っていることが苦を作っているということに、気づかないとおもうのですが、

 

釈先生:現代社会は普通に生きてると自分というものが膨らむような仕組みになっていて、

次から次へとあおられて追いかけるうちに苦しくなっていく。

降りられないベルトコンベアーに乗せられている。

一つ解決したらまた次、また次と、どんどんあおられるしくみ。

現代人というのは 自分というものを持ちかねるほど大きくなってしっまたり、

しんどさ、苦しみとなっている。

自分とどう付き合うか どうもその辺に苦しみの根源があります。

自分とつきあう道のモデルとして、

インドでは四住期というのがあります。

学行期 社会出るための学ぶ時期

家住期 家庭生活の時期

林住期 かつては日本には隠居文化があったのですが

これが枯れてしまった、

今はいつでも現役。

いくつになっても活躍しなくてはいけない

みんながみんながそうでなくても良い。

もう少し、老いを楽しむというモデルもあったても良いと思います。

豊かな、成熟した社会だと思います。

 

アンシー: 五木寛之さんの林住期という本を読んだのですが、

今から準備をしてきないと思えた本だったのですが、

どのように準備したら良いのですか?

 

釈先生:仏教の教えにたくさんヒントがあって、それを学ぶのが良いと思われているとは思います。

仏教とはおもしろい宗教で、

人間のココロとカラダのメカニズムとか、

たくさんの臨床事例でできあがっています。

 

アンシー:中国医学と同じですね。

お腹の開けれないときにできましたから、直観とか体験の医学と言われます。

 

釈先生:もちろん、近接領域ですので重なってるところもありますね。

そこの部分は異教徒の方でも使っていいのですよ。

ブッタもそういっています。

信じてなくても活用可能な大変めずらしい宗教なんです。

キリスト教やイスラム教は神への信仰なしには一歩も前に進まない構造をもっています。

良いとか悪いとかではなくタイプが違う。

仏教は人類の知恵の結晶のところがあって、

ココロとカラダのメカニズムになので、

そこのところは現代の成熟した社会の人たちに、宝の山のヒントがあると思ってます。

近代成長期には仏教は活躍しなかったのです。

成長期はキリスト教のプロテスタントが強い文化圏の国がひっぱてきたんです。

プロテスタントにはバリエーションがあって一概にはいえませんが、

わき目もふらず禁欲的に努力して社会的に成功するという。

近代成長期に大きな影響を与えています。

その時にココロとカラダを整えての仏教はうけない。

ピンとこないです。

競争に勝った、努力したものが、

良い生活を手に入れることができるというストーリーが強い時代は、

思いを整えるとか 小欲知足とかは響かなかった。

しかし、これだけ近代の具合の悪いとこがたくさん出てきたこの社会になると、

今 仏教に注目していただくのはどうかなと思います。

 

釈先生ありがとうございました。

現代に通じる知恵としてたくさんのこと学ばせていただきました。IMG_3806

特に私は「思いが苦である」って言葉が響きました。

生きるということは、思い通りにならない。

思い通りにならないことは、苦しまないといけない。

寿命が延びた分だけ体験できる思いの中の自分。

今日は阪神淡路大震災があって20年。

生かされている命の自分について、

また考えてみたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

姿勢修正 立位による骨盤ストレッチ ①

2014年12月ファッションと姿勢入稿

2014年12月26日、27日に行なわれた東日本大震災チャリティイベント

ファッションと姿勢で行った姿勢チェック

アンケートを29人の方に回答いただきました。

○性別  男性7人・ 女性22人

○年代  20代1人 30代9人  40代8人  50代4人  60代以上7人

 複数回答可

・左右の肩の高さが違う (23人)

・首が前に出ている (13人)

・猫背お腹が前に出ている(15人)

・ウエストのくびれがない (9人)

・腰の高さが左右違う (14人)

・腰痛がある(⒘人)

・前屈すると膝裏が痛い(11人)

O脚である(9人)

・靴の減り方が左右違う(18人)

修正ストレッチを行い効果(変化)を感じられた方は、29名中 24名でした。

そのアンシー式メソッドを一部公開します。

IMG_3687a

 

①下腹丹田の位置をチェックする

腸骨の高さでヒモを結ぶ

 

 

IMG_3688a

 

②上半身は動かさず腰を左右に動かす

 

 

 

IMG_3694a

 

 

③腰は動かさず上体を左右に動かす

 

 

 

IMG_3690a

 

④上体は動かさず、腰を左右に回す

 

 

 

IMG_3652a

 

①脚を大きく開く

足先を開く

 

 

IMG_3653

 

②合わせた手を上に伸ばし

背骨を丸くする

呼吸 吐く

 

IMG_3657

 

③手を上にまっすぐに伸ばす

呼吸 吸う

 

 

IMG_3656a

 

④両膝を曲げて。つま先の方向に向ける

両手は真横にのばす

身体の軸を真っ直ぐにする

呼吸 吐く

IMG_3657

 

⑤もとにもどる

呼吸 吸う ①にもどる

 

 

IMG_3660a

 

⑥足先を内側に向ける

 

 

 

IMG_3663

 

⑦手を上にまっすぐに伸ばす

呼吸 吸う

 

 

IMG_3664a

 

⑧両膝を曲げて。つま先の方向に向ける

両手は真横にのばす

身体の軸を真っ直ぐにする 呼吸 吐く

 

IMG_3663

 

⑨もとにもどる

呼吸 吸う ①にもどる

 

 

 

骨盤を調整すると最初にまいた腰ひもが

ゆるゆるになるのです。

それはもう みなさん 喜んでいらっしゃいました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

アンシーインタビュー お墓参りの本当の意味 大阪石材工業株式会社 伯井守社長

みなさん、新年迎えられて どのようなお正月を過ごしていますか?

里帰りや家族と過ごした方も多いと思いますが

お墓参りをしなくちゃーっと思いながらも

できないで気になっている方

特に若い人に多いのではありませんか?

 

活き方×生き方 インタビュー

大阪石材工業株式会社 代表取締役 伯井守社長

一代でお墓づくりの会社をつくられて

今までたくさんの家族のお悩みや先祖供養や

たくさん聞いてこられた伯井社長さん

いつかは向き合うこともありますよね。

IMG_3628

 

アンシー:最近お墓の前で手を合わせることが少なったと思うのですが

私と同じようにできないで気にしている方いると思うのですが

どうしたらよいでしょうか?

 

伯井社長:先祖と向き合うということは自分と向き合うことなんです。

どこでもいいのです。仏壇とかあればいいのですが、それの方が良いですが

なければ、じっと目を閉じて手を合わせることができればいいです。

先祖供養も大切ですが

もっとも大切なことは手をあわせて自分と向き合う時間をつくるということが

大切な供養のこころなんです。

 

アンシー: 自分と向き合うとうことは、瞑想と一緒ですよね。

 

伯井社長:今の世の中 情報化社会ですが

それをどのように選択するばかり議論されていますが

それは人間でいえば肉体と精神のうち、肉体のことばかり気にしている意味です

そういう情報を一回遮断して、いったい自分は何をしたいのか自問自答して

自分と向き合う時間が必要です。

谷崎潤一郎の陰翳礼讃という小説があります

陰翳とは障子のうす明かりの

はっきり見えないが

ほのかに自分がぼや~と浮かび上がっていく

その美しさが日本人の精神にある

ところが、戦後家電製品が発達して、真っ赤になってしまって、

見える世界が重要で

見えない世界が追いやられている気がします。

 

アンシー:お蔭様って言葉がありますが

そのお蔭様の世界ですか?人間って見えない世界に守られている

 

伯井社長:そうです。見えない世界と見える世界のバランスを崩してしまっている

お墓というのはそういうことを向き合う場所です。

自分を向き合う場所は日常生活からちょっと離れている方が良い

全然違う空気感を感じることでハッと気づくことがある

そういう意味がとても大切だと感じますし

そのことで人間の心身のバランスがとれていくと思います。

 

アンシー:私も自分のココロとカラダのバランスをとるために

瞑想が必要と思っています。

その時間をもつことが必要ですよね。

 

伯井社長:ココロっていうのは自分と向き合う時間をきっちりともたないと

大きな世界が見えないものなんです。目に見える世界だけがココロじゃない

心理学でいうなら、顕在意識と潜在意識がありますが

潜在意識を自分で感じ取ってくみ取っていく

そういう時間が必要なんです。現代人はそれが少ないし価値を置いてない気がする

宝の持ち腐れです。

自分と向き合う場所で、手を合わせていただいて

今日一日の自分を振り返る

それが大切です!!

IMG_3634

 

手をあわせて

自分のいのちに感謝して

まわりの人に感謝して

目に見えないに 感謝して

どこでもできるのですね。

素敵な伯井社長さんに出会えて良かった!!

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東日本大震災チャリティイベント ファッションと姿勢ご報告

2014年 12月26日、27日に行われた

東日本大震災チャリティイベント ファッションと姿勢

年末のお忙しい時にもかかわらず

たくさんの協力者に恵まれて無事行うことができました。

★IMG_3760

 

ニットデザイナー ORIEさんの作品展示会

★IMG_3724

 

 

スタジオに美しい華を添えてくださいました。

★IMG_3741

 

 

 

 

 

 

ヨガインストラクターによる姿勢チェック

出産で里帰りした娘さんとお母さん

産後に姿勢を整えておくのは大切です。

★IMG_3705

 

 

わたしは レッスン中のお母さんの 生まれたての赤ちゃんの子守役です。

かわいい~ 最後は腕の中で寝てくれました。

★IMG_3708

 

 

 

スーツ姿で年末仕事納めを終えてきてくださいました。

丹田の位置を確認してます。

個人レッスンなので姿勢修正法がよくわかる

★IMG_3738

 

 

 

 

 

 

みなさん一生懸命に受けてくださいました。

★IMG_3764

 

カラー&オラクルカードリーディング Rejoice 小宅ヒロコさん

これまでにも何度かイベントに参加していただいてます。

もちろん私も受けました。素敵なメッセージをもらいました。

★IMG_3743

 

美☆メイクアップマスター More ユウキルミコさん

宮城県の被災地に行って直接ボランティア活動をされています。

★IMG_3759

 

 

 

 

 

アンシーのミニトークショー

ご挨拶と姿勢のお話しさせていただきました。

★IMG_3780

 

 

★IMG_3772

 

ジャンベ演奏家の伊藤ひろしさん ジャンベの説明

最後は参加者全員でジャンベのリズムで

身体を動かしました

楽しかった!!

 

 

★IMG_3787

 

 

★IMG_3720

 

たくさんの方にご協力いただきまして

東日本大震災みやぎこども育英基金に

54,395円

寄付させていただきます。

下記振込明細書と宮城県知事あての寄付申込書です。

CCF20150106

 

大阪南森町で教室を開くようになって はや15年です。

全国にはたくさんのヨガスタジオやヨガインストラクターが存在します。

そのことは以前に比べて、社会の中で認知されるようになりました。

このイベントで私自身その役割を考えるきっかけとなりました。

今回は力不足もあり、小さな存在 ですが

その「小さな」が 全てにつながっているんだなって

しっかり感じましたよ

今年最後にこのようなご報告ができて、大変うれしかったです。

ありがとうございました。

来年も何卒宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

ラジオ 森脇健児の遊・わーく・ウィークリー 出演

ラジオ関西 月曜日~金曜日 午前11時45分~12時放送

森脇健児の遊・わーく・ウィークリー に出演

チャリティ「ファッションと姿勢」について

お話しさせていただきました。

IMG_3627

番組本番中

どのように姿勢の修正するのですか?質問されて

森脇健児さん タレントの藤井日菜子さん お二人に

実際にやってもらいました。

森脇さんはスポーツマンでストレッチはお手の物

身体の歪みがあまりありません・・・さすが!!

藤井さんは 肩の高さが違って、肩に緊張がありました。

気持ち良くてリラックスできた!!

とても喜んでいらっしゃいました。

ヨガのインストラクターはどこにいっても喜んでいただける仕事

とてもうれしいです。

そして、チャリティイベントについて

聞いてくださいました。

こんな風に取り上げていただいたこと、ほんとに感謝です。

番組関係者の方に  心からお礼申し上げます。

これからもたくさんの方のお役にたてるようがんばります。

本番も聞いてください。↓↓

ラジオ関西 2014年12月26日(金)午前11時45分~放送

IMG_3625