ページトップへ

新着情報

痛みと向き合う。

2017年06月15日

 

いつもおこしいただきありがとうございます。

昨日母から電話がありました。

 

「腰痛になったので、心配だから病院に行ってん。

レントゲンをとって、腰部脊柱管狭窄症と言われた。

でも今は、腰は痛くなくなって、膝が痛いねん。

ちょっと前は背中が痛いときもあったよ。」

話を聞いていると、痛いところ自慢?

痛いところが移動するって感じ・・・を一生懸命に話していました。

 

中医学では、痛みの原因は、

20130717100438

 

気と血のめぐりがわるくなっている状態でもあります。

痛いところが移るのは、遊走性の痛みと言います。

生体をつくっている構造的な、解剖学なことをいうのではなく、

新陳代謝が鈍っているときの、身体の反応です。

 

新陳代謝が鈍っている場合に、風邪をひいて熱を出すこともありますが、

腰痛や間接痛を起こすこともあります。

そんなときは、発汗すると、改善する場合があります。

痛みは、体内のバランス回復に必要な身体のメッセージです。

 

 

これも知人の話ですが、

腕が上がらない神経痛のような症状があって、

あらゆるいろんなこと試したけど、治らない。

そんな時インフルエンザになって高熱を出したら、

治ったっていってました。

 

風邪やインフルエンザも新陳代謝機能を活発にして、

身体を変化させる絶好のチャンスなんですね~

 

母の話に戻りますが、

毎朝、腰痛体操を取り組んでいるようです。

後は、お風呂で発汗することも進めました。

今は痛いところは、ないようです。

病名がついても、痛みをコントロールできる不思議さを

感じます。

 

 

レッスン生には、

自宅でストレッチを行い

腰痛をコントロールできる方も多いです。

これって私が一番目指したいところなんです。

確かに痛みに向き合うのは辛いですが、

これも生きるということのプロセスだと、

自分の身体を信じて、向き合ってほしいと思います。

自身の一番のヒーラーになってください。

本日もありがとうございました。

 

※お知らせ

国際ヨガデー

ワークショップ大阪、東京、名古屋