ページトップへ

アンシー プロフィール

「ヨガは最高のリラクゼーション。
心身をリセットして、「キレイ」と「健康」を手に入れましょう。」

女性は40歳を過ぎると、更年期に向かって体に不調を感じやすくなります。冷えやむくみに悩まされたり、太りやすくなったり、気持ちが落ち込んだり。みんなそうです。家族や会社での人間関係のトラブルや睡眠不足、大気汚染など、私たちは環境からいろんなストレスを受けながら生活をしているのですから、不調が起こるのは当然。でも、できれば年齢を重ねても不調なく、きれいな体を維持したいですね。こうしたストレスからひととき解放され、体の内側を整えるのが「ヨガ」です。

「ヨガとの出会いや北京留学。私が大阪の中心地でスタジオを開くまで」

私は、幼い頃からひどいアレルギー症状や肩こり、むくみなどに悩まされてきました。熱もよく出すし、小学校の朝礼の時間さえ立っていられないほどの腰痛持ち。病院に通っても薬を飲んでも改善されず、おまけに代々腎臓が弱い家系で、10代の頃から健康への不安は尽きませんでした。
そんな私がヨガに出会ったのは、16歳の時。本屋さんでヨガの本を見つけて、少しずつ自分でも実践するようになりました。社会人になってからは、ヨガの教室に週に2、3回通い始めました。そのうちに体調がどんどん良くなるのを実感して、毎日通うように。もっとヨガを勉強したいと思い、ついには会社を退職してしまいました。
それが20代の頃です。ヨガを学ぶうちに、東洋医学、特に中医学を学ぶ必要があると感じて、中国語も話せないまま北京へ留学もしました。今の私のヨガメソッドのベースにあるのは、この中医学の理論です。帰国した後、中医学の考え方やヨガの魅力をもっと多くの人に知って欲しいと思うようになりました。
会社員だった頃の私は一日中デスクワークをしていて、体に不調を感じることも少なくありませんでした。働く女性の中には、きっと私と同じような悩みを抱えている方も多いはず。そこで1999年、働く女性を少しでも元気にしたいと考え、オフィス街である大阪市北区にヨガスタジオをオープンしました。

「レッスンのたびに、全てのストレスを0にリセット」

中医学では、持って生まれた気を「先天の気」、ライフスタイルや環境によって形作られる気を「後天の気」と言います。気というのは、エネルギーのようなもの。私のように、物心ついた頃から病弱な場合は、体の循環を良くして内臓が元気に働くように「先天の気」を整えることが大切ですし、日々のストレスで体調が悪くなっている場合は、ストレスを取り除いて「後天の気」を整えることが大切。この両方の気にアプローチできるのが、ヨガです。
レッスンで私はよく「無になる、空になる、リラックス」という言葉を使います。日常から離れたスタジオで、体と呼吸と瞑想に集中するシンプルな時間。不安やイライラ、嫌な出来事などのストレスごと頭の中を空っぽにして、生まれたばかりのように脳をリセットできるように、プログラムを組み立てています。レッスン後はきっと、心地よく癒された感覚を味わうことができますよ。
中医学では、これを「元の気に戻る」と言います。つまり「元気」になるということ。西洋医学で言えば、「自律神経が整う」ことですね。こうしてレッスンのたびにストレスから解放され、体の循環が整うことで、体の内側から少しずつ「元気」を取り戻していく。これが、私がみなさんと一緒に叶えたい一番の願いです。この素敵な時間を共有し、みんなで美しく健康になりましょう。ぜひ一度、アンシーのヨガを体験してください。

アンシー