ページトップへ

アンシー's ストレッチヨガ 3つの特徴

特徴1 アンシーさんとは 地球人のさそり座、宇宙人(自由人)とも言われます。

アンシー's ストレッチヨガ
代表 アンシー(田坂 安希子)

・20年以上指導歴

・指導者としてもたくさんのインストラクターを養成
現在、全国で活躍中の個性豊かなヨガの先生をサポート

・メソッド アンシーのツボ押しストレッチは「からだで学ぶ 東洋医学」季節に応じた体質別レッスンはわかりやすい!楽しい!大好評メンタルヘルス対策の企業向け講座、村おこしや地域お越しの社会貢献などこれまで雑誌やテレビ、ラジオに数多く取り上げられてきました。

アンシープロフィールはコチラ

特徴2 中医学理論×ストレッチ アンシーのツボ押しストレッチ

経絡(けいらく)とは東洋医学の長い歴史の中で
見いだされた 体内を流れるエネルギーの通り道

アンシーのツボ押しストレッチ

ツボ押し  気血のめぐりが良くなる

ストレッチ 気血の通り道をのばす

リラックス 呼吸法で中枢神経、自律神経のバランス回復


東洋医学では生命活動の源となるエネルギーが存在すると考えます。
これを気血といいます。経絡とは気血の流れる通り道。
経絡上の特定の反応点がツボと呼ばれています。
全身を網の目のようにいきわたり、気と血が五臓六腑の内臓や器官をつないでその調整をおこなっています。
アンシーのツボ押しストレッチは、ツボ刺激とストレッチ運動で経絡周辺の筋肉の刺激を行います。
ポイントは身体への意識集中です。集中すると気は集まりそこには血が流れます。
また、血が流れると気の流れも整うのです。これは東洋医学の「気は血の師、血は気の母」という考え方です。
簡単ストレッチで気血の流れを整えて、様々な身体の不調や美的な不調を整えてみてください。


アンシーのツボ押しストレッチのレッスン

A ストレッチ (★)

初心者の方でも身体の緩む感覚を感じられます。
< 体質改善、柔軟性アップ、疲労回復 >

B 呼吸ストレッチ (★)

呼吸法を中心に身体を動かし気を巡らせます。
< 自律神経の乱れ、アレルギー体質 >

C ストレッチヨガ (★★)

一般的なクラスです。
< 体質改善、リラックス、腰痛、肩こりの改善 >

D 丹田ハタヨガ (★★★)

集中をアップさせて気の中枢丹田に働きかけます。
< ダイエット、姿勢矯正、デトックス >


その他レッスン生の体質、季節に合わせて指導 コチラ

特徴3 体質別レッスン Body&Mind

私自身がもともと病弱で身体が弱かったので始めたヨガでした。
子供なのに腰がだるい、下半身がジンジンする 足先が冷える
小学校の時の朝礼で立っていられなかったのを覚えています。
今そのような子供たち増えているのではないですか?
また思春期のころはアレルギーのじんましんがひどくて辛かったのを覚えています。
当時は薬を飲んでも、病院にいっても改善しませんでした。
風邪もよくひき、病気ばかりしていました。
東洋医学的には腎と肺の機能が弱いことになります。

(腎機能低下)
足腰がだるい
冷え性がひどい
むくみやすい

(肺機能低下)
かぜをひきやすい
のどがはれやすい
花粉症や鼻炎などのアレルギーがある

16歳の時に出合ったのがヨガです。
当時、身体が硬くてポーズを行うのが苦痛だったのを
覚えています。
循環が悪い体質は筋肉が硬くなりやすいのです。
そしてその後の中国留学で中国医学の考え方に出合いました。
中国には 医療気功 というのがあって
身体の体質改善に養生法として大学や病院で行われています。
その体験から実践と研究をへて アンシーのツボ押しストレッチを考案しました。
五臓六腑を整えるための体質別運動療法です。
内臓とつながる気血を流れるルート経絡やツボを刺激するストレッチで
体質に応じて内臓を整えて行きます。

また、中国医学の考え方では
感情の働きが内臓に与える影響を重要視します。
アンシーのツボ押しストレッチがもたらすリラクゼーションの効果は
現代人に必要なメンタルヘルスに役立つメソッドです。

アンシーのブログ