ページトップへ

新着情報

暑中お見舞い申し上げます。人と自然の統一性

2017年07月24日

暑中お見舞い申し上げます。

今月に入り大雨により、九州北部や秋田県で多くの被害が出ました。

犠牲となられた方に心からお悔み申し上げます。

 

昨日のビューティフルエイジングヨガのクラスでは、人と自然の統一性についてお話しさせていただきました。

ヒトの一生は

女性は7歳の倍数の14歳、21歳、28歳、

男性は8歳、16歳、24歳、32歳で、

身体の成熟のピークを向かえます。

そして、女性は35歳、男性は42歳で、そろそろエイジング対策の必要な年齢となります。

DSC_0077

 

人は昔から、太陽や月のめぐるリズムで生きてきました。

地球の自転による一日

月が地球の周りを公転するのがひと月(太陰暦)

地球の太陽の周りを公転するのが一年(太陽暦)

 

また旧暦と言われる24節気(太陰太陽暦)があります。

 

 

昨日7月23日は、

太陰暦の新月、24節気では「大暑」でした。

最も暑い日が続きます。

暑さや湿度をコントロールして、

自然への統一性を目指します。

 

レッスンでは、

へそ呼吸と丹田集中のポーズを行いました。

 

身体の真ん中にあるツボでもあるおへそ。

神闕(しんけつ)といいます。

神 はかりしれない。

闕 土台の意味と、穴が開いて通じやすい。

小宇宙である身体の中心のおへそを意識するということは、

大宇宙とつながっていくことに通じる。

そんな気持ちでレッスンさせていただきました。

 

時間や暦に追われるように、

忙しく生きている私たちです。

忙しく→ 心が亡くなると書きます。

 

身体の中心につながることは、

日常の全てから離れて、

過去や未来のそこ(時空)から抜け出すことができます。

今に集中する精神統一の宇宙感は、

心を養うのだと、体感していただけます。

 

yoga001

 

これからも暑いが続きますが、

ご自愛くださいね。アンシー

 

好評 季節のワークショップ 秋の養生法のお知らせ

大阪、名古屋、東京