ページトップへ

Anxi ブログ カラダもココロものびのび変わる アンシーのストレッチ

呼吸法「清気を取り入れて濁気を排出する」

滝

いつもお越しいただきありがとうございます。

以前の記事を改編しました。

これまでのインストラクターの経験を活かして

気づきや何かお役にたてるようなことを伝えていきたいです。

 

呼吸法を指導する上で大切な教え、

「清気を取り入れて濁気を排出する」

清気=必要なもの

濁気=不必要なもの

清濁併せもつという言葉あり、

セレクトして、管理ができるようになると

強い身体、免疫力アップってことになるのかもしれません。

 

予防がたいせつなので、

呼吸法を行うスタジオやお部屋の空間の管理をお願いします。

 

野外の自然の中で深呼吸すると、とても気持ち良いですよね~

それが都会のヨガスタジオとなると

窓があけれないない環境だったり、

窓がない環境もあるかも知れません。

 

肺は空っぽの容器のようなもの。

鼻や喉から入った空気を取り込みますが、

ほこり、カビなどの影響にさらされる壊れやすいものなのです。

 

レッスン後には

窓や戸口を開けて、換気を行って部屋の空気をきれいにしてくださいね。

 

また、レッスン生はたくさんの心身の疲労をもって

スタジオにいらっしゃいます。

病変を発生する因子を邪気と言います。

レッスン終了後には手を洗い、うがいをしてください。

とてもすっきりします。

 

お水の力を使って、

衛生的なことはもちろん、

古くから、神事でおこなわれている禊(みそぎ)の考え方と同じで、

水に感謝しておこなってください。

 

わたしは登山が好きで、

山間の滝のそばにいくだけで、とても身体が軽くなるので

水の浄化作用の不思議さを何度も体験しました。

登山はインストラクターさんにお勧めの調整法です。

 

自宅にもどったらお風呂に入ってください。

時間がなければ、シャワーだけでもOKです。

 

レッスン生に元氣を伝えたいですね、

インストラクターは身体が資本です。

 アンシー

 

 

 

 

 

 

 

 

へそヨガ キャラクター

いつもお越しいただきありがとうございます。

 

この秋から

~へそヨガ®姿勢ダイエット~ 呼吸の意識で身体が変わる

の講座を全国で開催させていただきます。

詳細は後日お知らせいたします。

 

また、書籍「体と心を整える へそヨガ」が出版されてからもうすぐ1年です。

 

それらを記念してへそヨガキャラクターを募集しましたところ、

たくさんの応募(57件)があり、決まりました!

 

健康的なプロポーション。

おめめぱっちりのお姿

閉じたお姿

 

ウェアにはANCYとあります。

 

通常ロゴで使用しているANXIは、

中国語のピンインというアルファベットでの表記です。

読めない方も多かったと思います。

 

ANCYさん 爽やかな感じですね~

 

~へそヨガ®姿勢ダイエット~呼吸の意識で身体が変わる~よろしくおねがいします。

 

Web

 

 

へそよが納品②RGB

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猛暑の息苦しさをコントロール

いつもお越しいただき、ありがとうございます。

猛暑日が続いています。

気温は38度、39度と今まで体験したことがない暑さです。

外出していると、

太陽光線がまぶしくて、皮膚が痛いくらい熱くて、

つらいです。

 

そして、これだけ暑いと、

息がしずらく、呼吸が苦しくなります。

 

レッスンでは、

ツボ・風門(ふうもん)を使ったストレッチを行いました。

ツボ・風門は、首の下あたりの背骨の両横

(第2胸椎の突起の下の両横)にあります。

 

呼吸が苦しいときに刺激したいツボです。

レッスン生に位置を確認してもらい、

ストレッチでほぐします。

呼吸が楽になるのは、その場で体感していただけました。

 

熱帯夜で熟睡できていない方も多いので、

その後のリラクゼーション法では、

自律訓練法を取り入れます。

時間も通常のレッスンより長めです。

 

汗をかくだけでも気を消耗します。

ツボ押しストレッチで、

身体を整えるのは、

簡単で楽にできるから良いのです。

季節に合わせて、タイミングを逃さずプログラムを行います。

 

こんなに暑い中、スタジオに来ていただくのです。

「来て良かった」って、おもっていただけるように

心をこめてレッスンを行います。

 

今週末は東京で講座を行います。

楽しみにしてくださいね。 アンシー

※お知らせ

7月21日(土)東京WS

9月17日(月・祝)奈良法隆寺 うぶすなの郷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国のトラックのドライバーに広めたい「トラッカーズヨガ」

1

 

全国のトラックのドライバーに広めたい。

「トラッカーズヨガ」

 

物を運び、世の中を根底から支える

トラックドライバーさんたち。

ハードなお仕事、ご苦労様です。
くれぐれも安全運転と、心身の健康管理 をよろしくお願いいたします。
このたび、トラックドライバーの皆さんが、手軽にキャビンなどでできるヨガメソッドを考案。

事前にドライバーさんとトラックで走行し、リサーチも行いました。

 

腰痛、眼精疲労、集中力低下などの改善ストレッチ。

ビデオにいたしましたので、

健康管理に お役立ていただければ 幸いです。

 

撮影、取材も大変でしたが、チームでがんばりました!

モデルになっていただいたトラッカーさんには、みなさんも癒されると思います。

 

物流weekly 記者 中野秀一さん

3

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

収録日 2018年5月29日

企画 誠幸運輸倉庫 澤田隆久  http://seikou-unyusouko.co.jp/

トラッカーズヨガメソッド考案 アンシー (ヨガメソッド研究家 健康ジャーナリスト)

制作 バンディ石田 https://sites.google.com/view/vandyis…

クローズアッププロジェクト  http://cu-pro.com/

音楽協力 ヨガメソッド呼吸法BGM 協力
株式会社オトボトケ ピアノと尺八 528 マリアージュから
ピアノ 小滝俊治 尺八 山口整萌 曲 アリガトウ http://otobotoke.co.jp/

オープニング エンディング BGM 協力 岡嶋直樹

協力
物流ウィークリー  https://weekly-net.co.jp/ 中野秀一記者  
日本一明るい経済新聞 竹原信夫編集長  http://www.akaruinews.com/

 

 

閲覧回数の多い記事 小指の爪もんでください。

いつもお越しいただき、ありがございます。

ヨガメソッド研究家   アンシーです。

 

ブログを書き始めて、8年くらいになると思います。

ブログはタイムリーなのが大切ですが、

今でも多くの方に

ご覧になっていただいている記事(2014年7月)があります。

小指の爪もんでください。

 

IMG_3072

 

小指の爪はあなたの生命エネルギーと関係します。

 

私は子供のころ小指の爪がなっかたのに、今はほんとうに立派です。

先天の体質(生まれたときの体質)は、

後天の体質に変化します。

 

後天の体質をつくるのは、

今日のあなたです。

 

バタフライ効果ってご存知ですか?

天気を左右するのは、風や波などの不確定な要素が影響しています。

由来は「ブラジルの蝶の羽ばたきが、

テキサスの竜巻を起こす原因につながらないとは言えない。」

 

体調も天気と同じように、

些細な変化が与える影響が大きいです。

いまのあなたが、あなたを創る。

 

今日のあなたが運動不足を感じて、

ジョギングに行きました。

汗をかいて、体調が良くなって、

夕食がおいしく食べれて、

いつもより良く寝れて、

翌朝元気に起きることができた。

その結果仕事がうまくいって、

上司に褒められた。

 

お風呂の中で

小指の爪をモミモミしたら、

気持ち良くて、

習慣になり、

爪がきれいにはえてきた。

素足のおしゃれ感がアップした。

 

継続は力なりは結果のことで、

今日のあなたが、あなたに与える影響を、

信じてみてください。

 

私も今から久しぶりに大阪城公園まで、ジョギングに行きます~

明日は阿倍野と南森町スタジオでレッスンがあります。

 

 

良いバタフライ効果を起こしてみませんか?

体験受講のお越しをおまちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックドライバーの健康ヨガメソッド

いつもお越しいただきありがとうございます。

大阪の運輸業の誠幸運輸倉庫は、

ハードな仕事に従事する日本全国のトラックドライバーさんたちの

健康に安全との為にキャビンでできる健康ヨガメソッドの考案を企画。

9

 

 

この日は、実際のドライバーさんの聞き取り調査と、

トラックに同乗リサーチを行いました。

このリサーチの結果を元に

トラックドライバーヨガメソッドを考案。
企画 誠幸運輸倉庫株式会社
出演 誠幸運輸倉庫 澤田社長、ドライバー 伊藤さん
ヨガメソッド考案 アンシー(アンシー’sストレッチヨガスタジオ)
7

 

日時 2018年3月20日13時~

場所 誠幸運輸倉庫株式会社

 

伊藤さんは、ドライバー歴20年の51歳です。

まず、伊藤さんの心身の自覚症状をお聞かせいただきました。

・肩甲骨の内側から腰までの緊張、脚の後ろが痛い。

・特に腰は腰痛2番、3番くらいが痛い

・2年くらい四十肩、以前は偏頭痛

・目が疲れると、街灯の光がバッテンに見える。

などお疲れの箇所があります。

 

アンシー 体のことをうかがいましたが、ストレスを感じることはありますか?

 

伊藤さん 今はないです。のびのびやらせていただいてます。

以前の職場ではありました。収入面や人間関係です。

 

アンシー 人間関係はお客さんとのですか?

 

伊藤さん いえ、職場です。

 

アンシー 運転手さんは上下関係が厳しいですか?

 

伊藤さん 上下関係より仕事ができるできないかですね。

 

アンシー 日本は今高齢化社会ですが、年齢が高くてもできる職業ですか?

 

伊藤さん 個人差もありますが、目が悪くなるからね~

 

アンシー 個人差があるからこそ、できるだけ健康にいていただきたいので、メソッドを創りたいと思います。ヨガにのぞむことありますか?

 

伊藤さん 腰痛が改善するならやりたいです。

 

アンシー ドライバーさんは、ジムなどで運動する機会はありますか?

 

伊藤さん やってないです。

 

アンシー 職場での取り組みも必要ですね。

今から一緒にトラックを乗せていただいて、キャビンの中で行うヨガメソッドを考えたいと思いますが

どのくらいの時間のメソッドならできますか?

 

伊藤さん 信号待ちのときにできるものがあれば良いですね。荷物を待っている間ですかね。

 

澤田社長 渋滞中とか、キャビンに乗る前に行うのと、30秒くらいのパーツに分かれていたらやりやすいですね。

 

では、トラックで出発です!! しばらく同乗させていただきました。

 

8

12

 

 

 

脚は前部にあたるようですね。

 

 

 

 

10

 

 

体を捻じってみてください。

 

11

 

 

 

私もキャビンを体験中

限られた空間でのメソッドを創るので、思案中です。

13

 

全国のトラックドライバーのお役に立てたら、うれしいです。完成したら、公開予定です。

 

関連記事 業界新聞 物流Weekly 掲載

関連記事 ドライバーの腰痛予防

YouTubeでリサーチの様子

 

 

 

運送業会の新聞に掲載 ドライバーの腰痛予防

いつもお越しいただきありがとうございます。

先日ドライバーの腰痛予防で

へそヨガをレクチャーさせていただきました、誠幸運輸倉庫株式会社さまが、

業界の新聞の物流Weekly(2018年2月5日)に取り上げられました。

↓↓↓

ドライバー腰痛予防

 

ヨガを行う方は、事務系の会社員や主婦層の方が多いのですが、

このように、運送業界の新聞に掲載されたのは、大変嬉しかったです。

誠幸運輸倉庫の澤田隆久社長は

「ドライバーという仕事柄。ほぼ全員が腰痛持ち。

みんな身体が硬い。

また長時間の運転と、時にはお客様の気を使うことが多く、

精神的疲労も大きい、メンタル的にもケアが必要。」

澤田社長さんは、

従業員の健康管理について、

真剣に取り組んでいらっしゃるのです。

 

そして、この記事にもありますが、

アンシーさんに

「トラックドライバー向けに、キャビンの中でできるヨガを考案して欲しい」

 

もちろん!!やらせていただきます。

澤田社長さまのお蔭で、このような経験できました。

ヨガを通じて、社会貢献ができることは感謝です。 アンシー

2

 

 

東洋医学の体質別レッスン 冬の養生法

いつもお越しいただきありがとうございます。

師走をむかえ、寒さが身にしみる季節となりました。

手足の先が冷たくてつらい、

夜、おふとんの中で寒くて寝れないなど、

お悩みではないですか?

 

冷えを改善する代表的なツボである、

三陰交(サンインコウ)をつかったツボ押しストレッチがお勧めです。

 

三陰交は、足首にある肝、腎、脾の内臓の経絡(気の通路)が交わるところです。

私は、お風呂に入る前にバスタブのへりに座り、

足浴をしてから、お風呂に入ります。

そうすることで、ツボが刺激されてよりあたたまります。

 

先ほどのそれぞれの内臓の働きには特性があり、

冷えの症状にも種類があります。

そして、からだを観察することで、内臓の体質を知ることができます。

 

たとえば、便がゆるくなったり、

食欲不振をともなった冷えは、

お腹のツボの天枢(テンスウ)のツボにお灸をしたり、カイロで温めたり、

そして、ヘソヨガを行うともっと改善していきます!

 

「冷えとり」なんていう言葉もあるようですが、

冷えはたまります。

その日の冷えは、その日にとり除きます。

 

冷えは慢性化すると、生命力全体に関わる内臓の腎に影響し、

「重い~冷え症」になります。

温めても、なかなか冷えがとれません。

 

体質別レッスンでは、呼吸法がともなったツボ押しストレッチで

体全体がポカポカになります。

からだの内側から温めるので、

冷えから解放され、体質改善につながります。

 

1月ワークショップ

ヨガ初心者歓迎、東洋医学に興味ある方なら、どなたでも参加できます。

【大阪】1/27(土)

【東京】1/20(土)

【名古屋】1/16(火)

時間:各日10301230

受講料:各日5,400円(税込)

お申込み

この度新刊が出版されましたヘソヨガは、2月にワークショップを行います。

へそヨガの基本についてお伝えします。

1月、2月のワークショップで冬の寒さを乗り切りましょう。

 

 

 

 

あくびは深呼吸②

いつもお越しいただきありがとうございます。

現在のアンシー’sストレッチヨガスタジオができる前は、

ストレッチヨガセラピースタジオという

プライベートレッスンスタジオを主宰してました。

かわいらしいペンションのような建物でした。

 

DSCF0039

 

(写真 以前のわたし 笑)

ある日、母子でレッスンを希望される方がありました。

lesson anxi1

 

 

お母さんがおっしゃるには、

お子さんの10歳位の女の子がおねしょをするので、

ヨガで改善したいと、希望されました。

私は、お母さんも一緒にレッスンを受けてくださいと

お伝えしました。

心身の不調にはいろんな原因がありますが、

環境が原因というのもひとつです。

家族環境っていうのは、家族の関わりなので、

この場合は母子でヨガを受けていただきたいと思いました。

 

少し気になったのは、

お母さんがお子さんにずっと

あれこれ指示をしていらっしゃる。

行動のひとつひとつに、

注意をするのです。

お子さんは無表情。

 

レッスン中。

身体をのばしたり、ツボを刺激したり、

呼吸を深くしたり、

リラックス状態になります。

 

その間ずっと女の子が、あくびをするのです。

何回も何回もです。

そして、それを観たお母さんがとても喜んでいるのです。

 

 

お子さんがリラックスするには、

お母さんのリラックスが必要です。

お母さんがリラックスするには、

お子さんのリラックスが必要です。

リラックスという便利な言葉がありますが、

精神状態は、伝染するのです。

そういえば、あくびも伝染するっていいますよね。

 

緊張と弛緩のリズム(自律神経のバランス)を回復させて、

心身のバランスには、親子一緒はキーワードですね。

 

おねしょが理由でいらっしゃいましたが、

お子さんの緊張がほぐれて、

喜んでいらっしゃるお母さん。

関係を見つめなおすきっかけに、

なればよいと思いました。

 

 

ヨガがブームになり、子供のヨガも流行っています。

幼児期はよく身体を動かして遊ぶことが、心身の調和のためのヨガだと思います。

小学校に入るとじっと坐れるようになり、その分ストレスも多くなります。

小学校低学年の間は、母子一緒に受けるのが良いと思います。

高学年になると、思春期に入ります。

本人が良ければ、一人で受講するのも良いかもしれませんね。

 

今でも、あの女子の気持ちの良さそうな、

あくびの姿が思い出されます。

 

※お知らせ

好評 季節のワークショップ 秋の養生法のお知らせ

大阪、名古屋、東京

 

 

あくびは深呼吸

いつもお越しいただきありがとうございます。

昨日から、お盆休みで各地の道路が渋滞しているとお聞きしてます。

長時間車中にいると、眠くなり、

思わず手足をのばして、あくびが出ることもありますよね。

あくび

あくびは、涙をともなうことが多く、

大きく口を開けて行う、深呼吸でもあります。

生理的には、低酸素や二酸化炭素が多くなったときの

酸素を取り込むために行う吸気です。

意志で行うのでなく、

深呼吸が自然におこるわけです。

 

 

日常において、過度の緊張が続き

あくびをする必要があるのに

出ないでいるひとがいます。

心身も疲れすぎると、

自然反応が起こらず、麻痺状態になるのです。

これが、体調不調につながります。

 

中医学では、呼吸による気が不足すること、

生命エネルギーが足りなくなることを、

「気虚」と言います。

息切れ、気力がない、集中力がないなどの症状があります。

そして、臓腑の機能失調にもつながります。

 

ヨガレッスン中に、

ツボ押しストレッチを行うと、

あくびをする方が多くいます。

 

 

あくびが出る必要があるのに、

出なくている人にとっては、

生命力を回復させるための

反応が起こっています。

 

レッスンで

もっとも大切にしているのは、

この生理的な反応です。

 

呼吸法の効果は、

日常の無意識の呼吸の回復にあります。

そのお手伝いをさせていただきます。

 

 

帰省で車の運転される方、休憩時間には

身体を大きくのばして、あくびの深呼吸をしてください。

気を付けていってらっしゃいませ。

 

※お知らせ

好評 季節のワークショップ 秋の養生法のお知らせ

大阪、名古屋、東京

 

 

 

 

 

 

 

1 / 512345