ページトップへ

Anxi ブログ カラダもココロものびのび変わる アンシーのストレッチ

食事リセットの日

02428000007

 

いつもおこしいただきありがとうございます。

先日、中医学医師の藤田先生との会話で、

日本人は果物を食べないよね~。

・高いから?

・皮をむくのがめんどいから?

・食べる時間がないから?

 

確かに中国の方は、果物をたくさん食べます。

目に触れる機会も多く、

町のあちらこちらに、果物が売られています。

しかも安価です。今は焼き栗の季節ですね。

しばらく行ってない、懐かしい中国の風景がうかんできます。

 

私の今の体重は、10代の時と同じです。

太らないのは、もちろんヨガをやってるから!

だけでなく、

「食事リセット」をする日があるからです。

 

1日、1食にします。

例えば夕食18時30分なら翌日の夕食まで食べません。

どうしてもお腹がすいたら、果物をいただきます。

なぜなら、普段食べる機会が少ないからです。

果物は消化酵素を持っているので、胃腸に負担がかかりません。

ライフワークに合わせて、昼食1食でも良いかと思います。

 

断食のように、

厳しくもなく取り組みやすい「食事リセット」ですが、

食事の習慣を見直すのに良いかもしれません。

育ち盛りの子供たちは別として、1日3食は量が多いと思います。

通常は2食くらいで十分な気がします。

 

レッスン生の中には、

この食事リセットをする方もいらして、

体の調整が良くなったとの声もあります。

 

体質がありますので、全ての人にはお勧めしませんが、

食べ過ぎている方が過ぎるをやめれば、

内臓が休まります。

新陳代謝機能が上がり、

関節の痛みが改善する。

風邪をひきにくくなる。

お肌がきれいになる。

排泄力がアップする。

 

藤田先生からのアドバイスは、

果物は

・地産地消。船や飛行機で渡ってきたものより、お近くで採れたもの。

・いろいろな種類を食べる。実りの秋は、ぶどう、梨、柿、ざくろ、あけび、栗

・夜よりは朝昼食べる。

 

食事の量を減らすときほど、

へそヨガやツボ押しストレッチ行い、

気血の巡りを促進します。

 

余計にお腹がすくのでは?

 

普段食べすぎている方は、

呼吸法の効果もあり、精神的にも落ち着いて、逆にお腹がすきません。

 

頭で考えてではなく、身体の声を効いての食事に変化します。

 

例えば、お腹がすいてないのに、12時になったから昼食を食べるとか。

時間へのとらわれから、頭の中をリセットできます。

 

結果!ダイエットにつながります。

 

食欲の秋だから参考にしてほしい「食事リセット」でした。